2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週で入手した物件+検索順位 | トップページ | 「カレン坂高校 可憐放送部 決意のハンドマイク」 »

2008.05.11

「ささめきこと」1

いけだたかし・作、メディアファクトリー・刊

先日2巻が刊行された、この作品の感想です・・・
ある意味、今年の最重要物件と言えるかもしれない作品
です。

お話は・・・主人公・村雨純夏は勉強スポーツなにを
やっても優秀な女の子。純夏は親友の風間汐に片想い
していた。その汐は可愛い女の子を好きになっては
振られることを繰り返していた・・・。純夏と汐の
近くて遠い距離を切なく、そして、コメディで描いた
「百合」作品です。

読後の第一印象は・・・この作品のもっとも特筆すべき
要素は百合姫コミックスではないことだと思います。
確かに「百合姉妹」に掲載されている作品に比べたら、
レベルは低いですが、ものすごく可能性を秘めた作品
であることは間違いありません。

こう言う作品が、普通の漫画誌から出てくる時代に
なったことに、まずは驚きと喜びを感じます。

この作品の面白いところは1話は「百合姫」に掲載され
てもおかしくない純度の高いシリアスな「百合」だった
のですが、後から大きく方向転換しているところです。

その方向転換の象徴が「女子部」です。

同性が好きな女の子が集うことを目的にした部なのです
が、これ、かなり賛否両論ありそうですね。しかも女装
の男の子
が(不可抗力とはいえ)入部してしまうわけで。

ただ、「女子部」が純夏と汐の距離感興味深いものに
している
点に注目すべきだと思います。

ただでさえ近くて遠かった純夏と汐の関係が、「女子
部」という場で、益々近くなるにも関わらず、遠さは
変わらない。
私はこれはなかなか面白い設定だと思いました。

あと、この作品は後半になるほどコメディ色が強くなる
し、どちらかと言えば男性向けっぽい作風なのです。
「女子部」とかはそれ故に可能な設定だと思います。

この作品は確かに「百合姫」で掲載されている作品に
比べると「百合」レベルは高くないのですが、この作品
の可能性を否定してしまっては「百合」の明日はないと
感じました。

さて、今後「女子部」をどう扱うか、純夏と汐の関係に
いつ変化が訪れるか、このあたり注目です。
1話ではかなりシリアスな「百合」をやってくれた作者
ですので、個人的にはかなり期待しています。

では、総評。

フューシア:わたくしは5点。勉強やスポーツがいくら
秀でていても、恋はままならないのよ~
ああ、わたくしも同じだから、よく判るわ~。
純夏ちゃんの切ない想い。

アレサ:だれが秀でているって?!
私は3点。1話は確かに純度は高いけど、
1話だけなら「王道」としか評価できないよね。だから
2話以降の方向転換は、私的には評価したい。期待も
込めて3点にした。2巻以降、どのようにお話を引き締
めるか。見物。

総評:●●●●●★★★

« 今週で入手した物件+検索順位 | トップページ | 「カレン坂高校 可憐放送部 決意のハンドマイク」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/41176018

この記事へのトラックバック一覧です: 「ささめきこと」1:

« 今週で入手した物件+検索順位 | トップページ | 「カレン坂高校 可憐放送部 決意のハンドマイク」 »