2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「疾走する思春期のパラベラム 心的爆撃」 | トップページ | 「百合色螺旋」 »

2008.05.08

「マギーペール」2

髙木信孝・作、ワニマガジンGUM COMICS PLUS・刊

お話は・・・主人公・聖愛は魔法学を教えている"魔育
学園"に転校してきた女の子。登校初日から上級生に
して、レフ(炎属性)マスター・玲有のスイート(パート
ナー)のになってしまう!聖愛のドキドキの学園生活!
・・・という内容。
2巻は、聖愛と玲有の関係が進展・・・と思いきや夏の
サービスシーン満載
です(汗)

読後の第一印象は・・・「百合」的に期待していたの
ですが、アレアレ??という感じです(汗)でも、後半
やっと期待のできる展開になってきました。

それにしても、髙木氏がこんなにサービスシーン満載
の漫画を描くのははじめてでは無かろうか(汗)

髙木氏はどちらかというとキャラクターの顔やコス
チュームで可愛いと思わせる作風だったからか、裸の
肢体が妙に色っぽくないのです(汗)

なんというか、"ありがたみがない"というか(汗)
こういう男性作家は非常に珍しいのではないでしょう
か。

「百合」的には正直低調です。
(もちろん普通の作品のレベルは超えていますが)

1巻では聖愛と玲有のエス関係を期待させる展開があっ
たのですが、2巻では玲有の存在感がちょっと薄くて、
先ほども書いたようにサービスシーンも多いので、
なんというか期待していたものと違うなあ・・・
という印象です。

髙木氏はやはり、三姉妹ものでなければノれないの
かなあ、と思ってしまいます。

ただ、後半になって聖愛の魔法の秘密が明らかになり、
それなのに何故、玲有が聖愛をスイートに選んだのか、
という展開になってくると、「百合」的なミャクが出て
きたような予感がしてきました。

このままストレートに「百合」展開になるかどうかは、
まだまだ微妙ですが、髙木氏は「百合」の息のかか
った作家であることに間違いは無いので、まあ、3巻
ではきっとやってくれることでしょう。

では、総評。

フューシア:わたくしは3点。良いところもあるのだけ
れど、押しが足りないのよ~。聖愛ちゃん
もお姉さまらしい力強いところを見せて欲しいわ~。

アレサ:私は1点。やはりお話がイマイチ・・・
でも、伏線らしいところも見えるしちゃん
と繋がれば、面白くなりそうな予感はする。

このシリーズの感想はこちら。
「マギーペール」1

髙木信孝氏の作品の感想はこちら。
「PURE まりおねーしょん」2
「でじぱら」1
「でじぱら」2
「@ホーム~姉妹たちの想い~」

« 「疾走する思春期のパラベラム 心的爆撃」 | トップページ | 「百合色螺旋」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/41139197

この記事へのトラックバック一覧です: 「マギーペール」2:

« 「疾走する思春期のパラベラム 心的爆撃」 | トップページ | 「百合色螺旋」 »