2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.30

近頃入手した物件(「東方Project」同人誌編)

続いて最近入手した「東方Project」系同人誌のご紹介。
全部で33件あります。まるで即売会に行ったような量
ですね(汗)多いのでコメントは短めに(汗)

まずは一般(非アダルト)作品から。
<>内はサークル名です。

続きを読む "近頃入手した物件(「東方Project」同人誌編)" »

2008.06.29

近頃入手した物件(オリジナル同人誌編)

「(1)」から1ヶ月経過してしまいましたね(汗)
近頃と言ってもここ2ヶ月で入手した同人誌を紹介いた
します。重要物件もザックザックです!

まずは一般オリジナル作品から。
全部で17件です(汗)

続きを読む "近頃入手した物件(オリジナル同人誌編)" »

2008.06.28

今週で入手した物件+検索順位

今週こそ最近買った同人誌を紹介する記事を書く
つもりでしたが・・・通常通り行きます(汗)

今週は3点です。

まずは小説から・・・

続きを読む "今週で入手した物件+検索順位" »

2008.06.27

「黒薔薇」

吉屋信子・著、河出書房新社・刊

いよいよこの作品の感想を書くときが来ましたか・・・

風の噂では「屋根裏の二處女」の続編、しかも「屋根裏
の二處女」の甘さを覆すような作品らしいので、読むの
をかなり躊躇していました。

お話は・・・東京から片田舎の女子校に赴任した章子。
田舎生活に馴染めない中、一人の女生徒・和子に惹かれ
ていく・・・という内容です。

読後の第一印象は・・・ラストは悲劇です。でも14章
までは皮肉とか抜きでコメディかと思って読んでいま
した(汗)個人的には「百合」的にも非常に良いと思い
ました。

続きを読む "「黒薔薇」" »

2008.06.26

「ジャングルおねえちゃん」

明野みる・作、小学館ちゃおコミックス・刊

ちょっと良さげ?と思ってギャンブル買いしてしまった
本作。さて、私の「百合」の感の精度はいかに。

お話は・・・8年前。南米のジャングルで生き別れに
なってしまった主人公・ひなのおねえちゃん・つばめ。
探検隊を助けたことで発見され、日本に戻ってきた!
・・・という年少(女児)向けコメディ漫画です(汗)

読後の第一印象は・・・第一話は、これは姉妹百合
としてアタリ!と思ったのですが、それもつかの間・・・
ううむ。私の「百合の感」、専門用語でユリスピレー
ション
(今考えた)も大したことないですね(汗)

続きを読む "「ジャングルおねえちゃん」" »

2008.06.25

「暁色の潜伏魔女」2

袴田めら・作、双葉社High Action Comics・刊

「百合」の名匠、袴田めら氏が一般誌で描く本作。
「百合」的にメインではないということは1巻で判って
いたのですが、袴田めら氏は非「百合」のまま終わる
はずがない!ということで、期待しながら2巻を読み
ました。

お話は・・・1巻で主人公・暁は実の姉が夜先輩だった
ということが判明。2巻はイベントをメインにしつつも、
メインキャラクターたちの恋愛模様がゆれ動きます。

読後の第一印象は・・・「百合」的には1巻よりは得る
ものが多い
です。でも、袴田めら氏が「百合姫」系で
描いている作品に比べたら・・・

続きを読む "「暁色の潜伏魔女」2" »

2008.06.24

PS2「アルカナハート」

本日のレビューは、PS2の二次元美少女格ゲー「アルカ
ナハート」です。

ストーリーは・・・突然関東上空に謎の空中城が出現。
主人公・はあとを始めアルカナ(天使)の能力を獲得
している11人の少女たちがそれぞれの思惑を胸に行動を
開始する・・・というようなお話です。

プレイ後の第一印象は・・・まず、格ゲーとして非常
に良くできています。
遊べます。「百合」的にも
ガチではないですが、要素も多く、良い感じです!

続きを読む "PS2「アルカナハート」" »

2008.06.23

「るり色輪廻」1

霧海正悟・著、KOMANIノベルズ・刊

PCゲーム「蒼い海のトリスティア」のノベライズで
あっと驚くような「百合」展開を読ませてくれた霧海
正悟氏の新作!と言うことで一も二もなく買った本作
なのですが・・・

お話は・・・10年間片想いを続けている少女・留莉。
ついに告白しようとするが、そのとき不思議な現象(?)
に巻き込まれ・・・というお話。

読後の第一印象は・・・留莉が告白しようとしている
相手は、普通の男です(汗)この時点でだめじゃん(汗)

続きを読む "「るり色輪廻」1" »

2008.06.22

「五月の霜」

アントニア・ホワイト・著、北條文緒・訳、みすず書房・刊

復帰後第一弾のレビューはこの作品。

大型本屋さんで目がとまり、面白そうだったので入手
しました。ちなみに原作は1933年イギリスの作品です。
1930年代といえば「制服の処女」の映画版が制作された
りしていますし、ヨーロッパでは少女小説文化が花咲い
ていたのかもしれません。

お話は・・・プロテスタントからカトリックの改宗した
両親の薦めで、厳格な寄宿学校(リッピントン)に入学した
10歳の少女・ナンダが主人公。カトリックの教えを受け
入れようとする気持ちと、自分の望みの間で揺れるナンダ
の気持ちを描く作品です。

読了後の第一印象は・・・少女小説ですが、文学作品的な
テーマの深さもある良作です。本物のカトリックの厳格な
女学院に興味のある人にはおすすめです。
「百合」的には良い所もあるのですが、もう一押し欲しい
感じでした。でも、書かれた時代を考えるとこれ以上は
望めない所でしょう。

続きを読む "「五月の霜」" »

2008.06.21

今週で入手した物件+検索順位

やっと仕事が落ち着きはじめているので、ブログを再開
しようと思います。
本当は最近買った同人誌を紹介する記事を書くつもり
でしたが、本日は土曜日なので通常通り行きます(汗)

今週は7点。同人誌以外の物件をご紹介。

続きを読む "今週で入手した物件+検索順位" »

2008.06.14

2週間分の検索順位

また2週間分の検索順位の発表です(汗)
今週こそ再開できるか・・・

では、検索順位です。

続きを読む "2週間分の検索順位" »

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »