2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「レズビアン少女愛」 | トップページ | 「百合姫Wildrose」 »

2008.07.23

ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 過去と未来の絆」

「舞-HiME」シリーズの新たな展開「DESTINY 龍の巫女」
のドラマCD。現在3巻が出ていますが、第2巻の感想です。

今回のお話は・・・本編の主人公・真夜はエッチ写真(汗)
ばらまき事件に巻き込まれる。犯人はだれ?そして、物語
は意外な方向に・・・

鑑賞後の第一印象は・・・「百合」的には芽が出てきた
感はするものの、お話としては発散しすぎのような・・・

まずお話ですが、ちょっとしたスキャンダル(汗)から
端を発して、物語は意外な方向に飛びます。
なんと、北海道の風華学園から、ヴィントブルーム公国
(「舞-乙HiME」の舞台だった架空の世界の国)にテレポー
テーションとかするのです(汗)

まあ、驚きはしましたが、これはちょっとやり過ぎでは
ないでしょうか?

ドラマCDでは"超能力"が見えない分だけ説得力が低下
するわけだし、さらに、こういう展開をすると、足下が
崩れるような感じを味わいました。

「スターシステム」はキャラクターによる説得力があれ
ばこそ成立するものだから、こういうことをすると、
根幹を揺るがしかねないのでは?と危惧しました。

まあ、コメディとしては「舞-HiME」シリーズの軽妙さ
は再現されているし、悪くはないのですが。

さて、「百合」的には静留・なつき、遥・雪乃という
いつものカップリングに加え、巴・美也(「舞-乙HiME」
ではトモエに使い捨てられた娘)と、二三・真白にも
ミャクが現れています。

さらには、「DESTINY」の本命、真夜・しおんも良い
感じだし、期待できる要素は多いのです。

でも、お話の組み立ての不味さを聴くに付け、「百合」
的にも失敗しないかと不安の方が先立ってしまいます。

真夜・しおんはテッパンだと思う(思いたい)のです
が・・・

では、総評。

フューシア:わたくしは4点・・・3点にするわ。4点
まであと少しなのよね。「百合」要素は
多いのだけれど、結局いつもの「舞-HiME」シリーズ
に落ち着きそうなのよね・・・。ディープチュウ
美味しいシーンだけれど~。

アレサ:私は1点。やはりお話の構成が不味いと
思うんだよね。お話の展開があやふや
な印象を残すので、キャラクターまで軽めに感じて
しまうなあ。3巻では引き締めて欲しいけど。

総評:●●●○○★☆☆

このシリーズの感想はこちら。
「舞-乙HiME Zwei」4
ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 嵐の転校生/運命の扉」

« 「レズビアン少女愛」 | トップページ | 「百合姫Wildrose」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/41951419

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 過去と未来の絆」:

« 「レズビアン少女愛」 | トップページ | 「百合姫Wildrose」 »