2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「鋼鉄の白兎騎士団」VI | トップページ | ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 過去と未来の絆」 »

2008.07.22

「レズビアン少女愛」

千之ナイフ・作、青林堂・刊

10年以上前「正しいエロ漫画の描き方」というムック(?)
本が出ていました。その中で千之ナイフ氏がこう書いて
いたのを思い出しました。
「千之ナイフ氏はなぜレズものを多く描くのですか?」
という質問に対して・・・「男の尻はキタナイ!」(汗)

「百合」という志向が固まっていなかった頃の懐かしき
思い出でございます(汗)

さて、そのエロ漫画の大御所、千之ナイフ氏が「百合」
全盛(?)時代に描いたレズもの。これだけで興味が沸い
てきますよね。
この作品は少女レズビアンをテーマにした6作(内1作は
前後編)の短編集です。

読後の第一印象は・・・ううむ。良い意味でも悪い意味
でも千之ナイフ氏の作品でした。

まず、この作品はタイトルに合わず(汗)男性もよく出て
きます。
しかも、カラミます(汗)
男のカラミ率は6本中4本です。まあ、決して低い率では
ないですね(汗)

この時点で、現在普通の「百合」ファンにはおすすめ
しにくい作品なのは事実です。

# 千之ナイフ氏の過去の作品を知っているなら、驚くに
# 値しないと思いますが。

しかも、男性キャラも影が薄いくて、AV男優のような
立ち位置なのです(汗)
このあたり、やはり古典的なエロ漫画からは脱していな
なあ、と感じざるを得ませんでした。

しかし、懐かしい感じの絵柄やお話は、とても味わい
深く感じました。現在のエロ漫画にはない、そこはかと
ないエロスや作者自身の美学のようなものを主張して
いる点では、流石にエロ漫画の大御所です。

男の絡まない「廃墟の天使」「KISS」は深くはないです
が、甘い官能漫画として楽しめるし、男は絡みますが
「蜘蛛婦人」のラストは「百合」としても悪くないし
・・・まあ、千之ナイフという作家を知らなくても、
後学(汗)のために読むのも一興かと思います。
(もちろん、おすすめはしませんが)

・・・一応アダルトなので、評価は保留させていただ
きます。

« 「鋼鉄の白兎騎士団」VI | トップページ | ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 過去と未来の絆」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/41942387

この記事へのトラックバック一覧です: 「レズビアン少女愛」:

« 「鋼鉄の白兎騎士団」VI | トップページ | ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 過去と未来の絆」 »