2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」2 | トップページ | 「花のいろ」 »

2008.07.09

「電撃テンジカーズ」一

多くの三蔵、八戒、悟浄が天竺を目指す世界。彼らは
テンジカーズと呼ばれていた。しかし、何故か悟空だけ
は貴重な存在。本編の主人公の三蔵(ハルカ)も悟空を
探していた・・・というギャグマンガです。

読後の第一印象は・・・相変わらずの古賀ギャグの世界
が繰り広げられます。でも「百合」的には作者の葛藤
見え隠れしますね(汗)

この作品、古賀作品としては珍しいことに、主人公(?)
悟空が男の子なのです。後書きにもありますが、作者
はギャグマンガ家なので、今までと同じにはやれなかっ
たのでしょうね。それは判ります。

実際、いつもと同じとは言いながら、新鮮さを感じる
ネタもあるし、妙にツボにはまるネタもありました。

前半、その反動か、三蔵と八戒(女の子)がイチャイチャ
しているシーンがたまに見られます。

しかし、我慢出来なかったのでしょうね(汗)第9話「女の
女による女のための女村」
では蓄積した鬱憤がバクハツ
しています(汗)
悟浄の「きっと作者が我慢できなくなったんだな」
いう台詞はナミダを誘います(汗)

・・・まあ、9話も「百合」的に美味しい話ではないの
ですが、これくらいが普通の古賀作品ですよね。

10話以降、女の子の金角・銀角が登場したりするのです
が、それでも作者の我慢が見え隠れします(汗)

ギャグマンガとしてはなかなか面白い作品なのですが
「百合」好きにしか判らない、作者の葛藤が妙に見えて
しまって、「もっと自分に正直になりなよ」と思って
しまいました(汗)

では、総評。

フューシア:♪ニンニキニキニキ、ニンニキニキニキ、
ニニンがシノブ伝?!・・・こ、こんな
暗号が隠されていたとは!!新発見だわ!
ところでわたくしは1点。でも、作者がいかに「百合」
好きかが伺えただけで良しとすべきかしら。
ところでドキッ!!女だらけのキャッキャウフフ祭
わたくしも是非参加したいわ~!キャッキャウフフ!

アレサ:フューシアが三蔵太郎レベルということは
よく判った。私は2点。まあ、ギャグ漫画
としては十分楽しめたかな。

総評:●○○○○★★☆

古賀亮一作品の感想はこちら。
「ニニンがシノブ伝」3
「新ゲノム」1
「新ゲノム」2

« 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」2 | トップページ | 「花のいろ」 »

コメント

今月号に金角が、ハルカの両胸を後ろから揉んでましたが、揉み揉みでなく乳首辺りを摘んでるんじゃないかと思われる様な揉み方で良かったです。
ついにハルカが同性によって性に目覚めるんじゃないかと期待。

コメントありがとうございます。

>ハルカが同性によって性に目覚めるんじゃないかと期待。

古賀先生はきっとやってくださいますよ!
私は信じています!

祈りましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/41790118

この記事へのトラックバック一覧です: 「電撃テンジカーズ」一:

« 「ルー=ガルー 忌避すべき狼」2 | トップページ | 「花のいろ」 »