2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「百合部-記念合同本-」<その1> | トップページ | 検索順位 »

2008.07.19

「百合部-記念合同本-」<その2>

遅くなってしまいましたが・・・
僭越ながらその2いかせていただきますっ!

前回と同じく、作者名は敬称略で記載いたします。
<>内はサークル名です。

うさたま・作「双子姉妹」<うさだまゴロリ>
一枚イラストもの。こういうのもアリなんですね。まあ
なんというかロリ可愛いですね。仲のよさが伺われます。

唐坂みかん・作「大雪原の小さな家」<となりのとろり>
♪あーあーあああああーあ、というBGMが聴こえてきそう
なお話(汗)「百合」ものって都会志向の作品が多いので、
こういう田舎志向の作品ももっとあってもいいのではと
思います。

まっちゃアイス・作「擬人化シュークリーム」<アイス図書館>
擬人化もいろいろありますが、まさかスィーツとは(汗)
最後のコマで笑ってしまいました。「およげタイヤキ君」
のラストをちょっと思い出しました。

ハセガワ・作「Res integra」<戯欺>
博士と助手というテーマは珍しいですね。オッチョコ
チョイな助手が可愛いです。でも実は・・・というの
も嬉しい展開です。

こぎつね・作「人形劇」<Simple Crafts>
本格SFです!個人的にはこういう頑張りとこだわりが
見える作品は好きですね。「百合」+SFというテーマ
自体が珍しいですし、なかなか読ませます。個人的
にはAIの同性愛とは?という難しいテーマにもう少し
SF的に踏み込んで欲しかったような気がします。

香月・作「恋人を鷲掴み~」<香月それなりの日々>
甘々ラブラブいちゃいちゃ漫画です(汗)絵も綺麗だし
なんとも心の保養ですねぇ。

北尾きた・作「魔女と使い魔」<桜井家>
コメディ調から急にシリアス調になったり、一見判ら
ないところがこの作品の味だと思います。本当は誰が
誰を好きなのか。そういう風に考えさせるのがナイス。

りんこ・作「二人だけのわがまま」<童話建設王国>
お嬢様とメイドも個人的に好きなテーマです。まあ
オーソドックスな展開なのですが、好きなものには
弱いですね。やっぱり良いです。こういうの(汗)

美雪夜宵・作「想い」<颱風翻車魚>
散文調な作品・・・と思って読んでいると、意外な
ラストにドキッとさせますね。清純そうに見せかけて
・・・というのは巧いです。

五月みゆ・作「花霞のあとさき」<JAGGY>
憧れのスターに近づくというのはトキメくテーマです
が、それが「百合」ともなれば2倍3倍のどきどき感を
感じますよね。こういうシチュエーションって意外と
ないので、新鮮でした。

ほしのゆりか・作「同じ名前」
ペンフレンド!夏のサナトリウム!ああ!まだ少女
漫画に浪漫があったころの名残をとても柔らかい
タッチで絵にしていますね。こういうのとても嬉し
いです。実に癒されます。

みずなぎ☆せいら・作「幾つになっても」<LEIZABARD>
可愛い絵ですが、重い想いを表現していますね。成就
しない想いという印象もあるし、少し切ない感じが良
いです。

神爆龍王・作「怖がりパラノイア」<SAGA Angel>
まるで"駆け引き"のような会話の緊張感が良いですね。
さすが「百合」ノベル同人誌を多く書いている作者
だと思います。ありがちにしたくないという想いも
感じます。この二人の今後を読みたいなあ。

☆ちりゅうぞんび☆・作「DEAR...」<ざじずぜぞんび企画>
この作品もお嬢様とメイドもの。古の少女漫画っぽい
絵柄がなんとも良い味を出しています。こういう作品
はメイド側に感情移入するんですよね(汗)

佐々木いける・作「口臭妖怪 鬼洲悪魔」<speakeasy>
あははっ。"キス魔"というテーマでこうくるとは、
なかなか斜め上狙いが巧いですね。「百合」的には無理
やり感もありますが、こういうのも良いかと思います。

西山香葉子・作「グリーンドリーム」<口達者同盟>
どきどきオフィスラブ話です。アダルティで濃厚な
雰囲気なのです。でもドキドキ感は「百合」のそれ
ですよね。

水城しゅん・作「SM これが私たちの付き合い方」<戦国乱舞>
ちょっとSMであとは甘い告白話ですね。個人的には
"ちょいSM"部分をもっと引き伸ばして欲しかったよう
な・・・やはりMに感情移入します(汗)

最首紫姫・作「ROMI☆JURI」<R.L.P.>
甘々アイドルデュオです(汗)絵の完成度も高いのです
が4コマ2作だけなのが残念。続編に期待したいですね。

三五千波・作「スペースカヴァネス」<あまりもの>
こういう同人誌アンソロがあると、必ず1人や2人は
独特のセンスの作家がいますが、この作品はまさにそれ
です。本アンソロでは突き抜けています(汗)「百合」的
には?ですが、こういうセンスは嫌いじゃないです。

通天閣男・作「She's sadness in Maid-Cafe」<Studio Radical Alice>
メイドカフェで本当にお嬢様とメイドの壁を感じて
しまうというのが奇妙でもあり面白さでもありますね。
っまた、お嬢様の二面性がこの作品の「百合」のキモ
になっているのも巧いと思います。一見安直にしか
ならなそうなメイドカフェもので、"ひねり"の加え方
がとても良いですね。

街風まろん・作「いつでもいっしょ!」<露呈崩壊委員会>
下着が似たデザインというのは、妙に性的なものを
感じます(汗)まあ、こういうフェチ的に意味深な
お話は嫌いじゃないです(汗)

ななせ悠・作「街角のお花屋さん」<くりぃむびすけ>
お花屋のお姉さんに恋してしまった女子高生。一見
清純そうなコメディなのですが、妙に危うさというか
性的なものを感じてしまうのは私だけ?(汗)

なかはら陽路・作「束縛」<猫力舎>
"聖隷の契り"とはなんとも秘めやかで、それでいて
エロスな感じがします(汗)このキーワードが効いて
いて、ドキドキ感を高めてくれます。でも最後は意外
と清純派なのがまた良いです。

じぇいそん・作「Memories Way」<回転掘削機構>
今回意外とファンタジーものが少なかったのでこの
作品は嬉しかったです。短いページでシリアスな展開
にするのは難しかったと思いますが、ちゃんとシリ
アス&ハッピーエンドになっているのが良いですね。

ifpark・作「片翼の二人」<ifpark.com>
こちらもイラスト作。片翼の天使と悪魔が生きていく
というのは良いですね。ストーリーが読みたいです。

・・・中編はここまでです(汗)
さすがに疲れます(汗)次回で最終回。

« 「百合部-記念合同本-」<その1> | トップページ | 検索順位 »

コメント

こんばんは。紹介していただいてありがとうございます。虚人ねこさんに自作を紹介していただくのは二度目ですね。
あの時と間逆と言えそうなコメントをいただけて、すごく意識していたわけではないけど、「やったー」という気分です。ギリギリまで先輩後輩で行くか同期で行くか迷ったこともありまして、余計嬉しいですね。私でもそういうのが書けるんだ、って思えて。
ちなみにこのお話の「サードキーワード」は「大人可愛い」という、何処の女性ファッション誌じゃそれ、と突っ込みたくなるものでした(笑)。

コメントありがとうございました。
★べにすずめ(西山香葉子)様

感想が短くなってしまい、こちらこそ恐縮です。

このアンソロの感想を書いていて感じたのですが、
最近、大人の「百合」の方が今の自分にしっくり
行くように感じることがありました。

以前、西山香葉子様の作品を書いたときは、私は
まだ子供だったのでしょうね(汗)

今「美粋」とかのレディコミをよむと当時と違う
感想を持つかもしれません。
(「美粋」はストレートなエロ漫画も多いので
ダメだと思うものはやはりダメでしょうが)

あと、個人的には最近「百合受容体」が大きく
なってきている影響もあるかも(汗)

>「大人可愛い」

なるほど。確かにそういうところありますね。

ほかの作品にもそういう傾向があるものが数点
ありましたが、これは今後の「百合」の方向性を
示している・・・のかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/41900550

この記事へのトラックバック一覧です: 「百合部-記念合同本-」<その2>:

« 「百合部-記念合同本-」<その1> | トップページ | 検索順位 »