2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「つぶらら」Vol.3 | トップページ | 「ホワイト・ファング 狼よ、月影に瞑れ」 »

2008.08.20

ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 野望の果て/輝く道」

「舞-HiME」シリーズの新たな展開「DESTINY 龍の巫女」
のドラマCD。第3巻(最終巻)の感想です。

今回のお話は・・・突如、黒幕が現れます(汗)そして
真夜としおんの真の能力が明らかに・・・

鑑賞後の第一印象は・・・あの話がよくまとまったなあ
という印象です(汗)でも、結局いつもの通りかな。
「百合」的にも。

それにしても、いきなりの黒幕登場です(汗)
こういう展開ってどーよ(汗)
しかも絵に描いたような悪者だし(汗)

確かに、2巻までの混沌とした展開を上手くまとめる
ためにはこういう展開しかないのでしょうが・・・
それにしても昔のアニメのような展開ですよね。

まあ、ただ古典的な展開は古典的な展開らしく、良い
所もあるのです。特に、やっぱり、静留となつきですね。

今回静留が強すぎる能力のため敵の術中に陥るのですが
それを救ったのが・・・「なつきの愛」(静留談)だそう
で(汗)まあ、古流の展開ですが嬉しかったです。
(そのシーン自体の描写はありません)

あと、この作品の本命と思っていた真夜としおんですが
・・・確かに、最後もキスしているし(汗)悪くはない
のですが・・・もう少し踏み込んで欲しかったなあ。

そうそう、この作品の脚本は「出撃っ!猫耳戦車隊」
おなじみ(??)伊吹秀明氏なのです。なので、「百合」
ネタは確かに合ったのですが、キャラクターの多さが
「百合」の濃度を薄めてしまった
印象ですね。

では、総評。

フューシア:わたくしは3点。今回お気に入りの台詞
を引用するわよ!「すべての男はんは
虫けらどす!」
・・・さすがは静留ちゃんね!
ああ、でももう少し。もう少しなのよ~!

アレサ:私は1点。作中CMとか、楽屋ネタは嫌い
じゃないんだけど、お話としてもう少し
錬りが足りない印象なんだよね。

総評:●●●○○★☆☆

このシリーズの感想はこちら。
「舞-乙HiME Zwei」4
ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 嵐の転校生/運命の扉」
ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 過去と未来の絆」

« 「つぶらら」Vol.3 | トップページ | 「ホワイト・ファング 狼よ、月影に瞑れ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/42225511

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 野望の果て/輝く道」:

« 「つぶらら」Vol.3 | トップページ | 「ホワイト・ファング 狼よ、月影に瞑れ」 »