2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ありふれた風景画」 | トップページ | ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 野望の果て/輝く道」 »

2008.08.18

「つぶらら」Vol.3

山名沢湖・作、双葉社・刊

一見クールな鈴置つぶらは、実は女性アイドルグループ
"キャラメル☆エンジェル"の大ファン。しかし、それが
災い(?)して何故か地方限定アイドル"つぶらら"として
デビューしてしまいます。

3巻ではいよいよ、"つぶらら"が活動開始。地方限定
だけど、意外と人気に・・・という展開です。

読後の第一印象は・・・「百合」的に不安にさせる
キャラもいますが、今までで一番「百合」展開と言え
るかもしれません。

相変わらず楽しくてテンション高い漫画です。

なんというか、よくあるコメディのようなカラッとした
感じではなくて、心ならずも張り切るつぶらや"つぶらら"
を応援している人達がとても暖かいです。
こういうのを読んでいるとホッとします。

「百合」的には、やはりつぶらとつららの関係です。

つららは今までつぶらの相方でありながらあまり目立た
ないキャラだったのですが、第19話では、メジャー
デビューを目指して"つぶらら"を脱退を表明するのです。

二人の思い出がよぎったりして、なかなか良いお話でし
た。おまけに、扉絵はあのデュオのオマージュ(?)です
しね(汗)

あと、"つぶらら"の同人誌がでて、どちらが攻め・受け
とか噂されるとか、つららが通うお嬢様学校の百合百合
友情コンビ
もグッジョブでした。

山名沢湖氏って、あまり「百合」作品というイメージ
では無かったのですが、実のところ、その気はあるの
かもしれませんね。

ただ、ここに来て、つぶらと野球部の男子とミャクが
強くなってきている印象もあります。
いかにも男女物語だなあ、というような展開・演出も
あるし・・・。不安です。

では、総評。

フューシア:わたくしは3点。良い感じになってきては
いるのだけれど、やはり野球小僧がねぇ。
つぶらちゃんとつららちゃんの熱い友情ものとして
続いて欲しいわね。

アレサ:私は2点。こういう大勢を巻き込んだ
コメディ作品って良いよね。読んでいて
ハッピーになる。あと、意外と先が読めない展開と
いうのも面白いと思う。

総評:●●●○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「つぶらら」Vol.1
「つぶらら」Vol.2

« 「ありふれた風景画」 | トップページ | ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 野望の果て/輝く道」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/42207896

この記事へのトラックバック一覧です: 「つぶらら」Vol.3:

« 「ありふれた風景画」 | トップページ | ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 野望の果て/輝く道」 »