2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「BLUE DROP 天使達の戯曲」Vol.3 | トップページ | 「ARIA」12 »

2008.09.10

「ねこもころ」2

乙佳佐明・作、Softbank Creative・刊

猫天然(もののけ)のモコロは、同族のララッカに憧れ
て学園球にやってきた。2巻は"ナノテンボール"という
スポーツに打ち込みます。モコロはララッカに近づく
ことができるか・・・ファンタジー学園ストーリー、
2巻(最終巻)です。

読後の第一印象は・・・「百合」的に良い感じになっ
てきたのですが・・・打ち切りなんて・・・

2巻の序盤はモコロが劣等感を感じるも、仲間のおかげ
で立ち直っていく、という展開です。まあ、オリジナリ
ティある展開ではないですが、個人的にはこう言うのは
嫌いじゃないですね。

ただ、ちょっと甘ったるい展開過ぎかな、という気も
しますけど。

そのあと、今度はスポーツ展開なのですが、こちらも
オリジナリティはないですが嫌いじゃない展開だった
のですが・・・

しかし、急に打ち切りなんですよね。。。打ち切りが
決まっていたらスポーツ展開はなかったと思いますの
で、多分急に決まったのでしょうね。

モコロとララッカがナノテンボールのペアになる・・・
という展開で終わったのは不幸中の幸いなのですが、
ララッカの活躍とか、モコロのことをどう思っている
のかとか、色々描いて欲しかったなあ。

こういう打ち切りは漫画の常なれど、あと1巻あれば
・・・と思うと本当に残念です。

では、総評。

フューシア:わたくしは3点。ああ、もっとモコロちゃ
んとララッカちゃんのすれ違いとか、
それを乗り越えてラブラブとか、みたかったわ~。
なんとも残念至極ね。

アレサ:私は2点。目新しい展開ではないけど
独特の世界観だし、悪くはなかったと
思うのだけどね。本当、もう少し読みたかった。

総評:●●●○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「ねこもころ」1

« 「BLUE DROP 天使達の戯曲」Vol.3 | トップページ | 「ARIA」12 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/42439500

この記事へのトラックバック一覧です: 「ねこもころ」2:

« 「BLUE DROP 天使達の戯曲」Vol.3 | トップページ | 「ARIA」12 »