2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「エル・カザド」7,8 | トップページ | 「バンブーブレード」三、四本目 »

2008.09.15

「でじぱら」3

髙木信孝・作、メディアワークス・刊

ふとしたことでAVの精霊に出会ってしまった松下けんじ
(♂)が主人公(?)。大学のAV部に入部すると、3人のマニ
アな女の子達がいて・・・AVマニア漫画第3巻

読後の第一印象は・・・ここのところのAV業界の激変を
受けて、内容的には面白くなってきてはいます。
でも「百合」的には全くありません・・・

髙木氏って本当にAVマニアなのですね。なんというか
他の作品に比べて活き活きしているような印象があり
ます(汗)

また、ここのところAV業界の話題が多いので、内容的
にも興味深いものになってきていますね。解説もしっか
りしていますし。

私はAVマニアと言うほどではないのですが、AV情報サイ
トを良く読むことが多いので、今回のお話はほとんど
予備知識があったのですが、知らない人はどれほど
ついてきているのでしょうね(汗)

あと、個人的にはAVの技術的な面も興味あるのですが、
どちらかというと政治的な面の方が面白く感じている
ので、そちら関係の話題が少なかったのはちょっと残念
かも。

B-CASとかダビ10とか著作権とか隣接権とかそういう
もっとダークな所に切り込んで欲しいですね。それこそ
「MMR」みたいに(汗)

# 「株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシス
# テムズの役員のうち○○人が総務省の天下りなんだ!」
# 「な、なんだってーー!」
# みたいなノリで(汗)

・・・っと。「百合」から離れてしまいました(汗)

でも、この作品、「百合」的にはほとんど見るところが
ないのです。髙木氏の作品にしては珍しく、男女の恋愛
要素も少しあるし・・・

あと、メインの女性キャラにもAV談義をさせないといけ
ないので「百合」が入り込む余地があまり無いのですよ
ね。作品の方向性としてしょうがないとはいえ、残念。

では、総評。

フューシア:わたくしは今回も0点だわ。女性キャラは
いるのに、もう少しウエットで甘やかに
して欲しいわ~。ところで、髙木先生って女性キャラの
腰のくびれを描くの下手ねぇ。男性作家とは思えない
くらいだわ・・・

アレサ:私は2点。ノリや技術談義は嫌いじゃない
けど、こういうお話はネット上ならどこ
でも読めるし、やるのならもっと濃~いネタにして
欲しいなあ。

総評:○○○○○★★☆

このシリーズの感想はこちら
「でじぱら」1
「でじぱら」2
髙木信孝作品の感想はこちら
「@ホーム~姉妹たちの想い~」
「マギーペール」1
「マギーペール」2
「PURE まりおねーしょん」2

« 「エル・カザド」7,8 | トップページ | 「バンブーブレード」三、四本目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/42488763

この記事へのトラックバック一覧です: 「でじぱら」3:

« 「エル・カザド」7,8 | トップページ | 「バンブーブレード」三、四本目 »