2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ねこもころ」2 | トップページ | 「ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング」 »

2008.09.11

「ARIA」12

天野こずえ・作、Mag GARDEN・刊

テラフォーミングして、水の惑星になった未来の火星
(アクア)を舞台に、まったりと、のんびりと、ときに
センチメンタルに、語られる物語。ついに最終巻です。

前巻でアリスがプリマ(一人前)になったことを切っ掛け
にして、今まで止まっていたかのような時間が動き始め
ます。そして・・・。

読後の第一印象は・・・最後まで「ARIA」でしたね。
良い意味でも悪い意味でも。

この作品は本当に「百合」ファンとしては一喜一憂
させてくれましたね。思わせぶりだったり、ガッカリ
させられたり。それでもこれで最後だと思うとちょっと
寂しいですね(汗)

「百合」的に良い感じのお話は、藍華と晃の絆が語ら
れるNavigation57「薔薇の名前」や灯里とアリシアの
絆が語られるNavigation59「未来」ですね。体育会系
の熱さと文化系の甘さが共存している先輩・後輩の
関係
がなかなか良い感じです。

そして最終話Navigation60「水の妖精」では、それ
ぞれの未来が語られます・・・

まあ、「百合」的には妄想も可能だし、落胆も少ない
しで、悪くはないエンディングだったと思います。

この作品は正直全巻読むとは思いませんでした。
絵は綺麗ですが、中身が薄いという印象は今も変わり
ませんが、それでも甘やかな世界観と人間関係は魅力
的だったと思います。

天野先生お疲れ様でした。・・・と思っていたら
来月?新作がはじまるそうですね。今度こそ「百合」
・・・なワケないか(汗)

では、総評。

フューシア:わたくしは2点。ところでアリシア
ちゃんは誰と結婚したのかしら?
かなり未来のお話よね。女同士で結婚できても不思
議じゃないわよね。アリシアちゃんと一番仲良く
していたのは・・・ああっ!判ったわ!!

アレサ:それ以上は言わぬが華。むなしくなる。
私は2点。まあ、個人的には癒され
なかったけど、綺麗な世界観の甘やかな人間関係は
目の保養にはなったと思う。天野先生の次回作に
期待。

総評:●●○○○★★☆

過去の感想は下記です。
「ARIA」1~4
「ARIA」5
「ARIA」6
「ARIA」7
「ARIA」8
「ARIA」9
「ARIA」10
「ARIA」11

« 「ねこもころ」2 | トップページ | 「ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/42447921

この記事へのトラックバック一覧です: 「ARIA」12:

« 「ねこもころ」2 | トップページ | 「ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング」 »