2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「バンブーブレード」五、六本目 | トップページ | 「ふらふろ」1 »

2008.10.02

「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女」[ウェルメイド・フレンズ]

伊吹秀明・著、HJ文庫・刊

ドラマCD版は鑑賞しましたが、こちらはノベライズです。
ちなみに1巻は読んでいませんでしたが・・・
まあいっか(汗)

お話は・・・主人公・真夜の中に眠る龍たちが目覚め
始め、学園長の野望が明らかになり・・・最後までです。
基本的にはドラマCDと同じような展開です。

鑑賞後の第一印象は・・・ううむ。ドラマCDよりはまと
まりがあるのだけど・・・「スターシステム」の限界
感じた作品でした。

ドラマCDは黒幕である学園長が最後の最後に出てくる、と
いうオキテ破りの展開だったのですが、それよりはかなり
まとまりの良い展開だと思います。
超能力でバトルするという部分も、ドラマCDよりはイメー
ジすることが出来たし。

ただ、お話が面白かったかというと、微妙なんですよね。

スターシステムはキャラクターの説明を省けて、前シリー
ズのファンを取り込めるという良いところもあるのですが
反面、キャラクターの行動範囲を狭めてしまうという難点
もあると思うのです。
この作品はその悪いところが出ている印象です。

キャラクター一人一人は魅力あるのですが、描写が細切れ
で動かないし、縮こまってしまった印象がしました。

また、学園長が絵に描いたような悪者というのも、物語の
幅を狭めてしまった
感じですね。

まあ、「百合」的に良ければ、それでも良いのですが(汗)
実際の所、ドラマCDより「百合」度は落ちている印象な
のです。。。

真夜としおんの絆もなんだか、設定だけで描写が伴って
いない印象でしたね・・・
唯一、第十話のおまけ4コマ漫画「キスしたよ」は良かっ
たです(汗)遥とキスしたそうな雪乃が(汗)

「スターシステム」ももう「Sifr」のようにメインキャ
ラのサイドキャラを動かすしかないのかな・・・という
印象がしました。

では、総評。

フューシア:わたくしは1点。「百合」度低いわ~。
突っ走ってくれても罪はないのに~!

アレサ:私は1点。やはりストレートすぎるんだよ。
キャラクターの扱いやお話の展開が。
もう少し驚かせるような展開にして欲しいなあ。本当の
ところは驚かせる方が容易だと思うのだけど、原作(アニ
メ版)スタッフに遠慮しているのかもね。

総評:●○○○○★☆☆

このドラマCD版の感想はこちら。
「舞-乙HiME Zwei」4
ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 嵐の転校生/運命の扉」
ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 過去と未来の絆」
ドラマCD「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女 野望の果て/輝く道」

« 「バンブーブレード」五、六本目 | トップページ | 「ふらふろ」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/42665860

この記事へのトラックバック一覧です: 「舞-HiME★DESTINY 龍の巫女」[ウェルメイド・フレンズ]:

« 「バンブーブレード」五、六本目 | トップページ | 「ふらふろ」1 »