2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「咲-Saki-」4 »

2008.11.09

ドラマCD「春夏秋冬 逆襲の赤ズキンチャン」

蔵王大志・作画、影木栄貴・原作、一迅社百合姫コミックス・刊

買ってからずいぶん間が開いてしまいました(汗)が
本日はこの作品の感想です。

お話は原作とほとんど同じですが、念のために書くと
・・・冬華は自分に猛アタックしてくるオンナオオカミ
こと夏姫との関係を悩む少女。ある日、自分と同じ境遇
のあきほと出会い、意気投合する。ところが冬華はそれ
を誤解してしまう・・・という内容です。

鑑賞後の第一印象は・・・やはり声が付くとイメージ
変わりますね。マイルドで鑑賞しやすい印象になって
いました。

原作は(絵柄の影響だと思いますが)、少々ギスギスして
いる印象が強かったのです。なんというか、レディース
(族)的な、というか(汗)

原作本(ドラマCD付き)は色々あって、かなり売れたと
思うのですが、声優目当てで買った人は付いてこれた
かなあ、と心配したわけです。

しかし、ドラマCDにしてみると、ギスギス感はかなり
薄れていました。
声が付くと、しかも、メジャーな声優だと、その声優の
パーソナリティの方が早く浮き上がるからかもしれま
せん。(良い事か悪いことかは取り合えず置いといて)

そういうわけで、ある意味原作よりこのお話を、作者
の意図通り楽しめた
と思います。

また、今回は冬華のモノローグ中心にお話が展開する
のも良いですね。冬華が女同士の恋愛についてあれこれ
悩む、というのがとても良い感じです。
甘いばかりではなく、肉体関係について悩むのも良いと
思います。

それを能登真美子さんがあの声で読むのだから、ファン
はたまらなかったでしょうね(汗)
(私はファンと言うほどではないですヨ?)

あと、声優インタビューもなかなか面白かったです。
川上とも子さん、「百合ものは初めて」っておっしゃっ
ていましたが・・・「ウテナ」「大運動会」のこと、
ときどきは思い出してください~!(汗)

いままであまり思わなかったのですが、これを聴いてい
て、他の「百合姫」作品でもドラマCDを出して欲しい!
と思うようになりました。

では、総評。

フューシア:わたくしは5点。冬華ちゃんの悩みが可愛ら
らしくて良いのよ~。アレサちゃんも悩み
はないかしら。わたくしが手取り足取り教えてあげてよ!

アレサ:遠慮しとく。
私は3点。中の人達の演技が面白かった。
普通のアニメとかでもおなじみの人達だけど、「百合」
ものとあってか、心なしか初々しさがあった。そういう
点で新鮮だったな。

総評:●●●●●★★★

原作の感想はこちら。
「春夏秋冬」(ドラマCD付き)

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「咲-Saki-」4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/43065543

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマCD「春夏秋冬 逆襲の赤ズキンチャン」:

» 影木栄貴:顔写真 [影木栄貴:顔写真]
影木栄貴:画像はDAIGOの姉。顔写真が掲載されたフライデーのオフショット写真など。本名は内藤栄子だそうです。 [続きを読む]

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「咲-Saki-」4 »