2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「うぃずりず」2 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

2008.11.28

「どろぼうの名人」

中里十・著、小学館ガガガ文庫・刊

リクエストをいただいていたので、本日はこの作品!
言わずもがな、「百合」界の大御所、中里一氏の作品
です!

お話は・・・主人公・初雪は姉・葉桜の仕事の都合で
葉桜と因縁のある女・川井愛(娘がいる)にあずけられる。
姉のためと思い割り切る初雪だったが、愛との生活の中
で何かが変わりはじめる・・・という内容です。

読後の第一印象は・・・これは中里十氏から「百合」
ファンへの挑戦状だ!

・・・と煽ってみます(汗)

この作品を一言で表すなら"ギリギリ"だと思います。

たとえば、舞台は現代日本であるにも関わらず、地域
分断され外国の軍隊が駐留していることを暗示する、
ある意味ラノベっぽい設定です。しかし、その設定が
お話にほとんど絡まないのです。そして、延々と初雪の
心情が描写されます。ラノベとしての立ち位置としては
ギリギリですよね。

また、「百合」要素にしても、主人公は中学生で、相手
娘もいる大人の女性の関係だったりします。

実にギリギリの所を狙っています。ある意味、挑戦的
とも言えるようなギリギリさではないでしょうか。
「百合」ファンによってはギリギリ圏外という人もいる
かもしれません。

しかし、重要なのは中里氏がそのギリギリのラインを
熟知している
ということ(そしてそれが作品から判る
こと)なのです。
「百合」を熟知しているからこそできるギリギリだと
いえるのではないでしょうか。

「百合」的にはキャラクターはギリギリですが、実際は
とてもオーソドックスな「百合」だったと思います。

初雪は実の姉・葉桜との関係で揺れ、愛との関係で揺れ
文(愛の娘)との関係で揺れます。
その心の揺れ動きと、大きな振れ幅を見せる場面は正し
く「百合」だと思いました。

初雪の幼さとおませさのバランスがとても良い感じで
個人的にはロリキャラには感情移入しにくいのですが、
妙に感情移入させられました。

これは寓話の扱いが巧いからではないでしょうか。

初雪が寓話について考えている時、私も寓意について
考えていました。それによって、感情移入に誘われた
のかもしれません。

この作品は確かに「百合」としてカタルシスを感じる
ようなタイプではないですが、主人公と一緒に考えて
いたら「百合」の匂いしてくる、味わい深い作品だと
と思います。

では、総評。

フューシア:わたくしは4.5点!でも四捨五入して5点
初雪ちゃんが可愛いのよ。少しヒネタ所
と素直なところが!アレサちゃんみたいで愛着が沸く
わ~。愛に年の差は関係ないのね!

アレサ:私は2.5点。だけど四捨五入して3点
かなり独特な文体だよね。でも、それが
味だと思う。この作品を商業誌で売るとは、ガガガの
編集部は実に無謀目が高いと思う。
中里先生の次回作に期待!

総評:●●●●●★★★

« 「うぃずりず」2 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

コメント

おおっ! ついにキターッ! というところでしょうか。嬉しいです。

で。
この作品が「百合愛好者への挑戦状」というのは、大いにあり得ると思います。

実は私は、この作品のキャラクターたちを既に知っていて(皆さんスミマセン)、彼女たちを最初に眼にした時、「中里さん面白そうなことはじめたなー」と思ったものです。ある地域が分断されて独立国扱いになっている設定には、当時も今もびっくりですけど。

童話に関しては知識不足だし、あと、ひとつ、描写というか文章上というか気になる箇所があったので、そこから足元をすくわれるかという気になって読んでいた気もしますね(もう過去形かい)。

彼女たちの世界はまだ展開される可能性があると私は見たいですね。

コメントありがとうございます。
★べにすずめ様

>実は私は、この作品のキャラクターたちを既に知っていて(皆さんスミマセン)

そうなのですか。
この作品のために生まれてきたキャラクター達では
ないのですね。知りませんでした。

>童話に関しては知識不足だし、

私もそうです。どろぼうの話もどこかで聞いたよう気がする
のですが、どの童話だったかが思い浮かびません。
・・・今調べました「グリム童話」でしたね(汗)

>彼女たちの世界はまだ展開される可能性があると私は見たいですね。

個人的には絶対また書いてくれると思っていますよ。
次回作が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/43257604

この記事へのトラックバック一覧です: 「どろぼうの名人」:

» [百合][小説]「どろぼうの名人」 [「ざれごと寝言大事なこと」日記#2]
実は現在、12月17日午前11時あたりです(明確に書いても、上がった時間は書いたときから30分以上過ぎてるのがオチだから)。 第1週にけっこうな数の雑誌の感想をやっつけたのと、13日に行ったバイトの影響でこのところ疲れておりましたが、そろそろアクティブに行かないと... [続きを読む]

« 「うぃずりず」2 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »