2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「秘蜜少女」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

2008.12.19

「幾百星霜」1

雁須磨子・作、太田出版・刊

大正女子校ロマン?と思ったので買ってみた本作です。

お話は・・・杉内さんと滝さんは親友同士。ある日
杉内さんの縁談が杉内さんの身長のせいで破談になる。
滝さんは杉内さんとの縁談を断った男を見に行こうと
するが・・・という内容です。

読後の第一印象は・・・ガチ「百合」ではありません
が、思ったより良い感じの作品です。

序盤、私は日本語が理解出来なくなったのか?と悩んで
しまいました(汗)それほど、独特なコマ割りと台詞回し
の作品
です。慣れてくるとそれも味だと思えるのですが、
そこを乗り越えないと単に変な作品に思えるかもしれ
ません(汗)

一見拙く見える絵が良いです。世界観にとても合って
いると思います。絵と大正ロマンの味わいが理解できて
くると、前述の独特の台詞回しもリアルに思えてくる
から不思議です(汗)

「百合」的には正直言ってガチではありません。

主人公の杉内さんの縁談が切れたとはいえ、杉内さん
自体は微妙に乗り気だし、「自由恋愛」というキーワ
ードが出てくるくらいだし。

でも、杉内さんが滝さんを「可愛い人」と思うシーン
とか、エス妄想するシーンとかあって、読んでいて嬉
しくなります。
杉内さんのおっとり感と滝さんとおてんば感、そして
二人の身長差が私の「百合」心をくすぐりました。

ただ、前述したとおりお話はあくまで男女の恋愛(杉内
さんだけではなく)として機能しています。
せっかく良い感じの作品なのに、せっかく大正ロマン
なのにもったいない・・・(矢沢永吉調で)

では、総評。

フューシア:わたくしは2点。杉内さんの内面が良い
のよね。「百合」妄想するし。でも
本当の恋愛とは区別しているっぽいのが残念だわ・・・
でも、大正ロマンといえば「はいからさんが通る」
じゃないのよ「花物語」なのよ!「花物語」がなかっ
たら少女小説自体がなかったのよ!それをストレートの
奴ら(作者様ではないわよ)ときたら・・・

アレサ:はいはい。どうどう。私は2点
私も大正ロマン好きなのでこういう作品
は嬉しい。あとがき漫画で作者はSFだと言っているけど、
そこはかとないリアルさがでているのも良いね。

« 「秘蜜少女」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/43468804

この記事へのトラックバック一覧です: 「幾百星霜」1:

« 「秘蜜少女」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »