2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「マルスのキス」 | トップページ | 2008年「百合」10大ニュース & 作品・第8位 »

2008.12.23

2008年「百合」10大ニュース & 作品・第9位

本来、この企画は私に対する年末救済企画なので、この
時期のレビューはしない方針なのですが・・・今日も
レビュー記事を書いてしまいましたね(汗)
ま、それも今日まで。明日からはレビューはお休みする
つもりです。

では、ニュース部門第9位は・・・

「百合」アニメは谷間突入?』です。

昨年は「ストロベリー・パニック」「シムーン」という
二大「百合」アニメがありました。今年は「百合」要素
がある作品はいくつかあったのですが、ガチものとなる
と、少々寂しい状況だったと言えるかもしれません。

# 厳密には「ストロベリー・パニック」「シムーン」は
# 2006年のアニメなので、昨年から不作が続いている
# とも言えますが・・・

アニメというメディアでは頻繁に「百合」サプライズが
あるのですが、ガチ「百合」作品となると、今後は難し
いかもしれませんね・・・

これは私の予想ですが、アニメ自体が縮小していくよう
な気がしています。

作品部門第9位は・・・
いとうえい・作「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」
です。

今年見事に「百合」で終了した作品です。

単行本は2005年に1巻が出ていたのですが、当初は「百
合」を期待しつつも、どうせバディもので終了するの
だろう
とタカをくくっていました。

ところが、5巻くらいからガチ「百合」の雰囲気が出て
きて、最終巻では本当にやってくれました!

いとうえい氏がエロ漫画家で、漫画的な世間体(汗)を
気にしない作家だった(予想)ということと、最近の
「百合」ブームが影響を与えた(予想)のが「百合」
エンドになった影響ではないでしょうか??

まあ、予想ばかりですがこれも「百合」が「百合」を
産んだ
と言えるかもしれません。

この作品の感想はこちら。
「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」1
「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」2
「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」3
「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」4
「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」5
「断罪者 TETRAGRAMMATON LABYRINTH」6

« 「マルスのキス」 | トップページ | 2008年「百合」10大ニュース & 作品・第8位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/43510272

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年「百合」10大ニュース & 作品・第9位:

« 「マルスのキス」 | トップページ | 2008年「百合」10大ニュース & 作品・第8位 »