2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 漫画版「エル・カザド」 | トップページ | 「絶対衝激~PLATONIC HEART~」BATTLE1 »

2008.12.09

「ラノベ部」

平坂読・作、MF文庫J・刊

久しぶりに平坂読氏の作品を読みました。

お話は・・・軽小説部(ラノベ部)に所属する仲間たちの
楽しい日常を描く会話コメディです。

読後の第一印象は・・・笑えるラノベです。「百合」的
にも良いところはありますが・・・

軽小説部(ラノベ部)の面々がラノベの特徴的な側面
(一人称などのテクニカルな面や、ツンデレなどの属性)
をコメディタッチで分析したり、雑談し合ったりする、
楽しい内容です。

以前から平坂読氏はラノベに一家言ある作家だな、と
思っていたので、こういう作品を書いたことは納得でき
ます。

ただ、以前の作品のようなは少ないです。
平坂読氏の最近の作品は読んでいなかったので、作風が
すこし丸くなったのかもしれません(汗)

さて、「百合」的には・・・
軽小説部部長にして「マリみて」が好きなキャラクター
美咲が登場します。
最初、主人公(?)の文香とミャクが?と思ったのですが
美咲は普通に男子生徒が好きだったりします。
ガックリ(汗)

しかし、全くガックリかというとそうでもありません。

何故か文香を崇め奉っている、妹の雪華が良い感じだし
ラノベ部の無表情娘・暦は内面では文香に篤い友情
抱いているし・・・。まあ、ガチではないし、以前の
平坂読氏の作品に比べたら「百合」度は低いのですが
「百合」の芽は感じました。

でもこの作品、続刊するのかな?

では、二人の総評。

フューシア:わたくしは2点。ガチではないけれど、暦
ちゃんの文香ちゃんへの友情はなかなかの
ものだわ。今後の展開に期待したいわね。

アレサ:私は1点。ラノベへのオマージュを感じる
し楽しかったけど、以前の平坂作品に比べ
たら平凡すぎるような気がする。まあ、その日常性こそ
この作品で表現したいことなのだろうけど。

総評:●●○○○★☆☆

平坂読作品の感想はこちら。
「ホーンテッド!」
「ホーンテッド!2 コトコトクライシス」
「ホーンテッド!3 ラッシュ・アンド・ラッシュ」
「ホーンテッド!4 エンドレスラビリンス」
「ソラにウサギがのぼるころ」
「ソラにウサギがのぼるころ」II
「ソラにウサギがのぼるころ」III
「ソラにウサギがのぼるころ」IV

« 漫画版「エル・カザド」 | トップページ | 「絶対衝激~PLATONIC HEART~」BATTLE1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/43372874

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラノベ部」:

« 漫画版「エル・カザド」 | トップページ | 「絶対衝激~PLATONIC HEART~」BATTLE1 »