2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「名探偵失格な彼女」 | トップページ | 2008年「百合」10大ニュース & 作品・第10位 »

2008.12.22

「楽園の条件」

森島明子・作、一迅社・百合姫コミックス・刊

森島明子氏の単行本です。「百合姫」系としては最初の
作品・・・ですよね??

この作品は昨年末に発売された単行本です。さすがに
1年をまたいでしまうと感想を書きにくいので、本日
レビューいたします(汗)・・・あれ?デジャブ?(汗)

読後の第一印象は・・・新しい「百合」の境地を開いて
いる
と言っても過言ではない名作だと思います!

本日は二人がレビューいたします。

アレサ:「百合」と言えば、高校生くらいの登場
人物だって相場は決まっていたよね。
でも、この作品は30歳代の女性が主人公だよ。かなり
思い切っているよね。

フューシア:わたくしもピチピチの若い娘の「百合」
ものって大好きだけれど、この作品は
とても実感がこもっているのよ。ほら、わたくしまだ
若いからわからないけれど、女も三十代になればお肌は
荒れるし、若向けの服も着られなくなるし、生活臭が
漂って来るわよね。
・・・わたくしはまだ若いから、わからないけれど!

アレサ:まあ、大台超えているフューシアが言う
のだからそうだろうね。

フューシア:し、失礼な!わたくしはこう見えても・・

アレサ:この作品の面白はところは三十代の女性が
主人公なのに、「百合」
だというところだ
よね。ビアンものでは三十代の主人公はよくあるけど、
この作品は三十代でも「百合」になり得るということ
を示唆しているよね。
よく、「百合」は少女のお話が多いから、男性向けだ
という批判もあるけど、この作品ではそういう意見への
答えにもなっていると思う。

フューシア:うぐぐ・・・
「恋愛は、少女だけの特権じゃない。」
いいえ、そうじゃないわ!「百合は誰でも少女にする」
のだわ!

アレサ:イキナリ飛躍したな・・・
確かに、この作品は「百合」の世界を広げ
という点では同意するけど。

フューシア:この作品は三十代の女性でも、気分良く
「百合」に浸れる、素敵な作品だと思うわ!
わたくしはまだ若いからわからないけれど!

アレサ:まだ言うか・・・。
じゃ、総評。私は3点。「百合」的に良い
のは当然だけど、新規性が高くて興味深い作品だと思う。

フューシア:わたくしは5点。「百合」の根源を感じさせ
る素晴らしい作品だったわ!「桜姫花吹雪」
も切なくて良かったわ~!森島先生は天才!
ところで、わたくしとアレサちゃんは年齢はないのよ!
百合精霊だから!これ真実っ!

アレサ:私はないけど、フューシアはどうだろう。

総評:●●●●●★★★

« 「名探偵失格な彼女」 | トップページ | 2008年「百合」10大ニュース & 作品・第10位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/43497933

この記事へのトラックバック一覧です: 「楽園の条件」:

» [漫画][百合]「楽園の条件」 [「ざれごと寝言大事なこと」日記#2]
良かったです。 なんかやわらかそうで。 で、化粧品とか下着なんかの「アケスケ系」のリアルさを売りのひとつなのかな? これと似た日付でやる予定の「オクターブ」は「生活感」の出てるリアルさってところ。女性が絡んでて「リアル」というと、この辺なのかな、と、思った... [続きを読む]

« 「名探偵失格な彼女」 | トップページ | 2008年「百合」10大ニュース & 作品・第10位 »