2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「.(period)」 | トップページ | ドラマCD「エル・カザド」1,2 »

2008.12.15

「Venus Versus Virus」8

鈴見敦・作、メディアワークス・刊

人間の魂を喰う「魔神」退治を生業にする少女バディ
漫画。第8巻(最終巻)です。

お話は・・・覚醒したアイオーンに囚われたスミレを
救うべく行動するルチア達は敵の館に乗り込む。そこ
でルチアが見たものは、意外な人物だった・・・
という内容です。

読後の第一印象は・・・「百合」的に万々歳ではない
ですが、悪い方に裏切られなかったのが嬉しいです。

7巻は読んでいないのですが、6巻からは飛躍がなかっ
たのか、無理なく読み進むことが出来ました。
7巻は覚醒した与識(アイオーン)がスミレを拐かす展開
だったのでしょうね。「百合」的にはあまり美味しく
なさそうなので、7巻は・・・まあ、良いかなと(汗)

6巻くらいから漫画としてなかなか良い感じになって
いたのですが、この巻も序盤の演出はなかなか見せる
ものがあると思います。
後半、アクションシーン主体の展開になると少しテン
ションが落ちるのですよね。私的には。

ただ、1,2巻くらいは漫画としてはほとんど動かさせる
ものがなかったのがここまで面白くなったのは、作者
の確かな成長
と言えるでしょう。

さて、「百合」的には・・・結果的に当初予想した位
のバディものには落ち着いた
と思います。
ガチではないですが、ルチアがスミレに対して抱く
の深さ
を感じさせるセルフがあったのが嬉しいです。

最終局面で与識とスミレの関係もほとんど切れているの
もグッドです(汗)

まあ、「百合」的なサプライズはなかったのですが、
悪い方へ裏切られることもなく、お話も後半面白くなっ
たし、楽しめたと思います。

では、総評。

フューシア:わたくしは3点。わたくしとしてはもっと
ガチな展開を期待したけれど、ルチアちゃ
んとスミレちゃんの石破ラブラブ天驚拳が見られただけ
でも嬉しいわ。

アレサ:私は2点。後半、漫画としてかなり面白く
なったよね。演出とかしっかりしてきた。
鈴見敦先生の次回作に期待だね。

総評:●●●○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「Venus Versus Virus」1
「Venus Versus Virus」2
「Venus Versus Virus」3,4
「Venus Versus Virus」5
「Venus Versus Virus」6
他メディアの感想はこちら。
ドラマCD「Venus Versus Virus」

« 「.(period)」 | トップページ | ドラマCD「エル・カザド」1,2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/43432213

この記事へのトラックバック一覧です: 「Venus Versus Virus」8:

« 「.(period)」 | トップページ | ドラマCD「エル・カザド」1,2 »