2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「のののリサイクル」3 | トップページ | 「いいなり!!吸血姫」1 »

2009.02.17

「さくらの境」4

竹本泉・作、メディアファクトリー・刊です。

女の子三人と猫10匹の奇妙な共同生活と、女の子
二人のイチャイチャを描く、のんびり漫画。最終巻

今回のお話は・・・都合でページ数が短くなり(汗)
お話に加速度が付きます。さくらと二子も高校を卒業。
しかし、相変わらずのいちゃいちゃ、のんびり生活が
続きます(汗)

読後の第一印象は・・・最初は薄いと思っていたので
すがここまで来ると逆にポリシーを感じますね。
実は「百合」的に大傑作なのかも?と思うようになり
ました(汗)

掲載誌の都合で4巻は3巻より1話のページ数が少なくな
ります。3巻が発売されてからこれだけ時間が開いたの
もそのせいだったワケです。

そういうわけで3巻は21話。物語世界で2年分のお話が
進展します。さくらと二子も高校を卒業し・・・その
後、意外な展開を迎えます。

少しはドラマチックになるのかと思いきや、全くいつ
もどおりの、のんびりいちゃいちゃな展開
です(汗)
凡庸な作家はここらでドラマチックに!と考えるとこ
ろでしょうが、さすが竹本泉。ある意味、超ベテラン
貫禄を感じます(汗)

「百合」的にはもちろんさくらと二子の関係です。
もう、ず~っといちゃいちゃしています(汗)

最初はほとんど内面を描かないいちゃいちゃにヤキモキ
することもあったのですが、ここまで来るともう達観の
レベルです。

確かに普通の「百合」としては薄いですが、竹本泉氏は
己の信じる「百合」を表現したのだとしか思えません。
そして、そんなポリシーを貫けるのは竹本泉レベルの
大作家ならではと言えるのではないでしょうか。

では総評。

フューシア:わたくしは4点。もう少し愛する心を描いて
欲しかったけど、この永遠のいちゃいちゃ
にも憧れるものがあるのよね~。わたくしもアレサちゃ
んと永遠にいちゃいちゃしたいわ~。

アレサ:私は2点。ベテランの貫禄を感じた。
なんだかんだ言って、ここまで貫ける作家
はそういないよね。

総評:●●●●○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「さくらの境」1
「さくらの境」2
「さくらの境」3
竹本泉作品の感想はこちら。
「トランジスタにヴィーナス」6
「トランジスタにヴィーナス」7

« 「のののリサイクル」3 | トップページ | 「いいなり!!吸血姫」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/44096718

この記事へのトラックバック一覧です: 「さくらの境」4:

« 「のののリサイクル」3 | トップページ | 「いいなり!!吸血姫」1 »