2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「のののリサイクル」3 »

2009.02.15

「ミッドナイトヴァージンI 夜の少女たち」

レッドロードノベルズ・刊(同人誌)

本日は久しぶりに同人誌のレビューです。
買ったのは最近ですが3巻同時に買ったので早速1巻目を
読んでみました。

お話は・・・主人公・御神楽優作が政府の命によって、
神主や巫女を育成する学校・神与学園に潜入してくると
ころからお話は始まります。深夜、優作は女子学生が
闘っているところを目撃します。彼女らは呪[ジュ]とい
う超能力を使うことができる、"ヴァージン"と呼ばれる
存在だった!というお話です。

読後の第一印象は・・・はっ。これは「舞-HiME」(汗)
「百合」要素も期待できそうです。

この作品、描写が薄くて、ライトノベルより、ライトな
感じ
がします。(これはあとがきを読むまで知らなかっ
たのですが)この作品は元々、Web上のFlashコンテンツ
だったのですね。それをノベルの形式にしたので、薄い
感じがしたのでしょう。

ただ、薄くてもキャラクターや闘いの魅力はしっかり
感じることはできます。

さて、この作品、さっきも書きましたが、どちらかと
言うと生徒同士のバトルに重きを置いた「舞-HiME」と
いう感じです。
和風ファンタジーが背景にあるというのも似ています。
# ヴァージンにランクがあるという点では「はやて×
# ブレード」的でもあります。

作者が「舞-HiME」にインスピレーションを感じて、
この作品を創作したのだとしたら、「百合」的には
期待は高まると思います。
そして、1巻目を読む限り、その期待は現実味を帯びて
きたと思います。

一応主人公は優作、なのですが、妙に影が薄いのです。
主人公でありながら「舞-HiME」の楯祐一くらいの影の
濃さ、という印象です(汗)

それに、この巻でも「百合」的に期待出来そうなキャラ
クターが登場しています。

優作の護衛対象である、赤羽珠に想いを寄せる(?)沢田
野依とか、珠に闘いを挑んでくる火野ひびきと辺見みづ
きペアとかも良い感じです。

まだまだ序盤なので、「百合」的な見どころは少ないの
ですが、2巻は女性キャラが主人公になるらしいし、
闘いが佳境にはいると熱い「百合」展開が読めそうな
予感はしています。

では、総評。

フューシア:わたくしは3点。男性主人公だしガチでは
ないけれど、期待は持てそうだわ。
とりあえず、ひびきちゃん&みづきちゃんの息が合っ
た感じ
は良かったわ。

アレサ:私は2点。どっかで聞いたような設定は
多いけど、同人誌でやろうという志の高さ
は感じる。文章もライトだけどよく状況が判る。

総評:●●●○○★★☆

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「のののリサイクル」3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/44075610

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミッドナイトヴァージンI 夜の少女たち」:

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「のののリサイクル」3 »