2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ティンクルセイバーNOVA メイデン★スター」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

2009.02.13

「先輩と私」

森奈津子・著、徳間書店・刊

久しぶりに森奈津子氏の作品を読みました。
いわゆるガチ官能小説なので、総評はしません。
あらかじめご了承ください(汗)

お話は・・・T女子大には二つの官能小説研究会があっ
た。自慰行為に重きを置く好色文学研究会とレズビアン
セックスに重きを置く、エロチック文学研究会は互いに
対立し合っていた。主人公・光枝は先輩の阿真理に惹か
れて二人だけの好色文学研究会に所属しているのだった
・・・という内容です。

読後の第一印象は・・・やはり森奈津子氏の書くエロは
口に合いませんでした(汗)

森奈津子氏って設定は巧いですよね。この作品も二つの
同好会の方針や、光枝と阿真理の関係といったキャラ
クターの設定はとても惹かれるものがあります。

しかし、正直言って、エロ部分は「リビドー7」(古典的
なレズオンリーのエロゲー)のようなものです(汗)
ほぼ全員がハードな行為をするというのは、動物の交尾
を見るようなもので、まったく感情移入できないのです。

阿真理はとても良いキャラだと思いましたが、主人公・
光枝があまりにアホなのも感情移入できない要因だと
思います。

エロは個人の嗜好に依存するところが多いのでこの作品
で興奮できると言う人はいるでしょうが、私は全く口に
合いませんでした・・・

森奈津子氏の昔のジュヴナイルが恋しいですね。設定と
言い、しっかり笑えるコメディと言い、本当に面白かっ
たのに・・・

まあ、最後の章「天国に一番近い四畳半」は森氏らしく
なく、甘々のシーンがあるので、ここだけ読むのも良い
かもしれません・・・

森奈津子氏の他作品の感想はこちら。
「耽美なわしら 完全版」上
「耽美なわしら 完全版」下
「グースカ夢見る問題児」
「あぶない学園 大さわぎ」

« 「ティンクルセイバーNOVA メイデン★スター」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/44051500

この記事へのトラックバック一覧です: 「先輩と私」:

« 「ティンクルセイバーNOVA メイデン★スター」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »