2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ひとひら」6 | トップページ | 「彼女色の彼女」1 »

2009.02.25

「サムライエイジ 乙女たちの初陣っ!」

みかづき紅月・著、徳間デュアル文庫・刊

前作がなかなか良い感じだったので、期待して読んだ
シリーズ2巻です。

お話は・・・前巻で主人公・三月弥は闘うと凶暴化する
城ヶ崎千と親友になります。今回は、中間考査の顛末が
描かれます。中間考査といってもそこは蘇芳学園。
正真正銘の"合戦"です。ほとんどの学生が"団"で戦う中、
弥と千は二人だけで戦おうとするが・・・

読後の第一印象は・・・この作品は名作!今のところ
ガチではないですが、「百合」好きなら読んで欲しい
ですね。

みかづき紅月氏の作品「凸凹騎士と最強王女」では、
かなりキツイ評価をしたのですが、この作品は同じ作家
と思えないくらい良いデキでした。

昔の少女小説のような語り口は正直なところ好き嫌いが
ありそうなのですが、お話の展開や主人公の心の描写
などはとても巧かったと思います。

お話の展開が良いです。3日の中間考査で3日連続で負け
ると退学処分というルールなのですが、弥と千はあっさ
り2日連続で負け窮地に立たされます。さらに互いを護る
護らないで対立することに・・・

最悪な状況・周囲は敵だらけ。しかし、弥の心は次第に
開けて行きます。このあたりの心情変化はとても良いと
思います。(剣術漫画とかではありがちな展開かもしれ
ませんが)
さらに、周囲の敵がみんな良いキャラなのです。それゆ
えに、主人公の心情がリアルに感じるのだと思います。

さて、「百合」的にはもちろん弥と千の関係です。
千は弥ひとすじの「百合」娘。弥は男性との恋を夢みる
ような所もあるのですが、千の魅力も感じているし、
ちょっと千に流されているシーンもあります。

男性キャラたちは魅力的ではありますがアクが強いので、
逆に、弥と千の間には割ってはいらないのでは?という
予感もしています。

今のところ友情ものとしてはかなり良い感じだし世界観
も面白いし、個人的にはかなり満足度が高い作品だと
言えます。

では二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。弥ちゃんと千ちゃんの
固~い友情が良いわ~。いえ、友情では
ないは、あれは絶対愛情よ!そうとしか思えないわ!

アレサ:私は3点。クセのある作品だけど「百合」
作品によくある男性キャラの不快さはない
し、読後の清涼感も良い。こういう強い心を描く作品
って好きだなあ。

総評:●●●●○★★★

みかづき紅月作品の感想はこちら。
「サムライエイジ」
「凸凹騎士と最強王女」

« 「ひとひら」6 | トップページ | 「彼女色の彼女」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/44177783

この記事へのトラックバック一覧です: 「サムライエイジ 乙女たちの初陣っ!」:

« 「ひとひら」6 | トップページ | 「彼女色の彼女」1 »