2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ラノベ部」2 | トップページ | 「ぱわふる4拍子」 »

2009.04.15

「ヤングガン・カルナバル」1

深見真・原作、佐藤夕子・漫画、SoftbankCreative・刊

ヤングガン(若い殺し屋)の少年と少女の戦いと青春を
描く、アクションバイオレンスノベルの漫画版です。
原作の展開やキャラクター設定を踏襲しつつ、オリジ
ナルのシナリオです。

読後の第一印象は・・・原作の雰囲気を巧く再現して
いると思います。「百合」的にも期待出来そうです。

それにしても、佐藤夕子氏はこれが初の漫画の単行本
だそうですね。確かに、良く見るとちょっとヘン?と
思えるようなところもありますが(汗)見せ方が巧いです
よね。漫画としてのテンポも良いですし、初単行本とは
思えないです。

また、キャラクターのイメージにも近いです。バイオレ
ンス主体の作品ですが、荒すぎなくて、適度に綺麗なの
も良いと思います。

深見作品はこれまでお世辞にも漫画化には恵まれていな
かったので、今回こそ期待できそうだと思いました。

さて、「百合」的にはもちろん主人公の1人、鉄美弓華
です。1巻では弓華の元彼女、弓華が好きになる久遠伶、
弓華を好きらしい根津香埜子と主要なキャラは総登場
です。(元彼女は原作とは違いすぐ死亡ですが・・・)

中でも香埜子が原作より分かりやすい性格になってい
ますね。最初から判りやすいツンデレです(汗)
弓華が持っている伶の写真に嫉妬したり、なかなかの
美味しさです(汗)

ここまで「百合」的には原作以上だと思います。作者
もサービスしてくれている気がします(汗)

2巻以降も期待!

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3点。香埜子ちゃんはお団子
頭だったのね。可愛い~。漫画版は最初
からあの3人の三角関係を描くことになりそうね。
これは期待だわ。

アレサ:私は2点。テンポが良くって読みやすかっ
た。本当にプロデビュー直後と思えない
ね。佐藤夕子先生。でも、微妙におかしいようなところ
もあるので、今後の漫画家としての成長にも期待。

総評:●●●○○★★☆

このシリーズの感想はこちら、
「ヤングガン・カルナバル」
「ヤングガン・カルナバル バウンド・トゥ・バイオレンス」
「ヤングガン・カルナバル 銃と恋人といま生きている実感」
「ヤングガン・カルナバル 天国で迷子」
「ヤングガン・カルナバル ドッグハウス」
「ヤングガン・カルナバル そして少女は消えた」
「ヤングガン・カルナバル 愛しき日々、やがて狩りの季節」
「ヤングガン・カルナバル 前夜祭・標的は木暮塵八」
「ヤングガン・カルナバル 開催・バンケットの死闘」
「ヤングガン・カルナバル 後夜祭・ラストマンスタンディング」
ドラマCDの感想はこちら、
ドラマCD「ヤングガン・カルナバル ハイスクール・ヴァーティゴ」
ドラマCD「ヤングガン・カルナバル ブラッドダイヤモンド・プリンセス」
ドラマCD「ヤングガン・カルナバル ファミリー・ビジネス」
ドラマCD「ヤングガン・カルナバル ガールファイト」

« 「ラノベ部」2 | トップページ | 「ぱわふる4拍子」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/44682146

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤングガン・カルナバル」1:

« 「ラノベ部」2 | トップページ | 「ぱわふる4拍子」 »