2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ストライクウィッチーズ」5 | トップページ | 「ヤングガン・カルナバル」1 »

2009.04.14

「ラノベ部」2

平坂読・作、MF文庫J・刊

軽小説部(ラノベ部)に所属する仲間たちの楽しい会話や
日常をオムニバス的に描く、シチュエーションコメディ
ノベル
2巻です。

読後の第一印象は・・・前回よりパワーが増した印象
です。「百合」的にもターゲットが絞られた感じです。

今回も、色々なラノベ作品やラノベに関わる事柄を、
軽いタッチで語る内容です。しかし、実は作者のラノベ
への疑問やこだわりを描いていると思わせる部分もある
し、決して軽いだけの作品ではないですね。

個人的には「メタ論」とか面白かったのですが、"虚人
ねこ"というハンドルを持つ私としては、まだまだ~!
という感じでしたが(汗)
まあ、ガチで超虚構論とかをかましても、ラノベの読者
層は引くだけだと思いますが(汗)

さて、「百合」的には・・・暦の「百合」娘っぷりが
前巻より増してクローズアップされています!
暦は可愛いし、無口なのに赤面症という萌えポイントも
あるし、しかも「百合」キャラというのは美味しすぎま
すね。

さらに、今回出番も多めだし(表紙にもなっているし)
「百合」好きとしては嬉しいところです。

あと、姉の文香を崇拝する雪華も本格的に登場。平坂読
氏らしいヘンな言葉遣いのキャラです。しかも暦とも
ちょっと意味深なやりとりもありますし、今後の進展が
楽しみですね。

まあ、平坂読作品の場合は男女、同性問わず、結ばれな
いことが多いので大きな期待は禁物なのですが(汗)

それにしてもこの巻をよんで、作者はまだ「ホーンテッ
ド!」
に未練があるのかな?と思わせるところもあります
ね。個人的にも続きを書いて欲しいですが・・・

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。暦ちゃんから文香ちゃん
への想いは、前回は友情だと思ったけれど
今回は恋心だと確信したわ!
雪華ちゃんとの絡みも気になるわね~

アレサ:私は2点。フューシアが言うと「百合」オン
リーに思われるけど、男女のエピソードも
多いよね。
舞台はリアルではないけど、キャラクターが語る内容は
アニメやラノベ好きなら身に覚えのある、というリアル
感が面白い作品だよね。
でも、やっぱり「ホーンテッド!」の方が好きだなあ。

総評:●●○○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「ラノベ部」
平坂読作品の感想はこちら。
「ホーンテッド!」
「ホーンテッド!2 コトコトクライシス」
「ホーンテッド!3 ラッシュ・アンド・ラッシュ」
「ホーンテッド!4 エンドレスラビリンス」
「ソラにウサギがのぼるころ」
「ソラにウサギがのぼるころ」II
「ソラにウサギがのぼるころ」III
「ソラにウサギがのぼるころ」IV

« 「ストライクウィッチーズ」5 | トップページ | 「ヤングガン・カルナバル」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/44672578

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラノベ部」2:

« 「ストライクウィッチーズ」5 | トップページ | 「ヤングガン・カルナバル」1 »