2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「三ツ星クリーニング」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

2009.04.03

「BLACK SHEEP 黒き羊は聖夜の迷う」

富永浩史・著、HJ文庫・刊

意外と「百合」な作品を手がけている富永浩史氏の新作
です。

お話は・・・人々が神が死んだと信じる日本が舞台。
悪魔払いのシスター・ルチアと謎の少女・絵里子の
アクションバイオレンスエクソシストストーリーです。

読後の第一印象は・・・「百合」的にはグッジョブなの
ですが、ノベルとしては少々難アリかも・・・

主人公のルチアは・・・ガチレズです(汗)
しかも、黒髪ロングの貧乳少女が好きという、お姉さん。

# そういえば漫画「かなめも」の西田はるかもそういう
# キャラですよね。最近の流行かな?

その、西田はるかのようなキャラが主人公なのです。
従って、やりたい放題です(汗)
しかも、アクションノベルなので、鈍器(十字架)で戦う
様はある意味「漢」らしくさえあります(汗)

また、ルチアと行動を共にする絵里子も、中盤に登場す
るルチアの元恋人・リタもルチアのことを愛しているの
です。

なんというガチっぷり!

そういうわけで、「百合」ファンには実に美味しい作品
と言えるでしょう。

しかし・・・ノベルとしては大味で少々難アリに感じ
ました。まず、文章の語り口調が独特で、なかなか慣れ
ませんでした。ときどき状況が判りにくくなるし(汗)

まあ、大味なのは"勢い"のトレードオフとも言えるし
これが作者に作風とも言えるのでしょうが・・・
もう少しノベルとしての完成が高ければと思いました。

でも、ガチ「百合」なのは間違いないし、個人的には
ルチアのような勢いのあるお姉さんキャラは大好きなの
で続編に期待したいですね。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。ガチではあるのだけれど
わたくしとしてはもう少し、ウエットな
部分が欲しかったわ。ラブシーンのことではなくて、
そうね、心の交歓とでも言うのかしら・・・

アレサ:私は2点。勢いがあるのは良いのだけど
もう少しディテールの細かさが欲しかった
なあ。まるでアクションゲームのような展開なんだよ
ね。まあ、そういうのが好きな人にはおすすめだけど。

総評:●●●●○★★☆

富永浩史氏の他の感想はこちら。
「プリンセス・ベルクチカ Proyekt-0」
「クラウ ファントムメモリー」1
「クラウ ファントムメモリー」2

« 「三ツ星クリーニング」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/44556568

この記事へのトラックバック一覧です: 「BLACK SHEEP 黒き羊は聖夜の迷う」:

« 「三ツ星クリーニング」 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »