2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ちびでびっ!」3 »

2009.05.31

「愛しをとめ~君がこころは~」

高橋依摘・作、一迅社百合姫コミックス・刊

入手したのは土曜日でしたが、メールでレビューの
リクエストがありましたので、速攻レビュー致します。

実はこの作品、存在すら知らなかったのですが、それも
そのはず、ケータイ向けのコミックスだったのですね。
もう、そういう時代なのですね・・・

さて、お話は、平安時代の貴族社会を舞台にした作品
です。主人公は右大臣の娘・橘。橘姫は野党に両親を
殺され、居候として右大臣宅に住んでいる桜姫を愛し
ています。ラブラブの二人に降りかかる数々の困難。
二人は乗り越えられるのか!・・・という展開。

読後の第一印象は・・・オビを見るとエロエロ!という
印象を持ってしまうのですが、どうしてどうして!個人
的にはなかなかの傑作だと思います。

まず、平安時代という舞台設定が良いですね。近年、
「源氏物語」が書かれてから1000年ということもあり、
マスコミなどで取り上げられていましたが、そこから
ヒントを得たのでしょうね。

しかし、この作品の良いところは、ちゃんと調べた上
で漫画にしている
点です。文化や装束などももっとも
らしく描かれています。奇をてらっただけではないの
が良いですよね。

個人的に、橘と桜が恋の歌を交わすところが大好きで
す。平安時代らしいロマンチシズムを「百合」で再現
しているのが実に嬉しいですね。

あと、女房の讃岐や蔵人頭の藤原(♂)の扱いも巧くて
漫画としての面白みを出せていると思います。
藤原の語尾が何故か顔文字というのがかなり可笑しい
です。

最後の展開で帝は、あれで満足するのかな・・・と心配
になるところもありますが、コメディとしてはお話も
面白かったと思います。

そうそう、作品中、平安時代の恋愛観から見て、同性
同士の恋愛の方が納得がいく
、という示唆があるので
すが、これがグッドです。私もなるほど!と目から鱗
でした。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点!橘ちゃんがオットコ前
なのよ。"桜"の彫りをいれるなんて、
とても良い娘だわ。こういう娘に惚れられるのって
幸せよね~。桜ちゃんとお幸せに~
ところで、わたくしは平安時代って、こういう恋愛は
絶対あったと思うわ~。ロマンチックね~。

アレサ:私は3点。「百合」作品としては普通に
甘ラブで、"深さ"を感じさせる内容では
なかったけど、平安時代の設定を非常に巧く使ってい
るよね。それだけで3点の価値は十分あると思う。

総評:●●●●●★★★

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ちびでびっ!」3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/45196358

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛しをとめ~君がこころは~」:

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「ちびでびっ!」3 »