2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ちびでびっ!」3 | トップページ | 「百合姫Wildrose」vol.2 »

2009.06.02

「少女革命ウテナ」DISC-4,5,6

前回予告したように、黒薔薇編(13~24話)は一気に
レビュー致します(汗)

お話をまとめると・・・生徒会長・桐生冬芽は敗北し
引きこもり状態になります。そこへ登場したのが天才
高校生・御影草時。御影は黒薔薇の刻印を使って一般
生徒をウテナと戦うデュエリストに仕立て上げていき
ます。彼の野望とは?!
そして・・・視聴者は22,23話で驚愕の事実を知ること
になります!

鑑賞後の第一印象は・・・実は黒薔薇編はあまり好き
ではありませんでした。でも、22,23話の引き込みは
本当にスゴイものがありますよね。23話のラストシーン
は(知っていましたが)背中がゾワっとしました。

黒薔薇編が好きではない理由はいくつかあります。

まず、決闘者が操られてるように見えること。生徒会編
では、己の野望で闘いを挑んでくるのですが、これでは
あまりにヒドイですよね。決闘までのドラマもとってつ
けたような内容だし、さらに、決闘もあっさり決着が
付くし・・・

もちろん、これらは製作者の意図であるのは間違いない
と思いますが、それでも、心が拒否反応を示します。
(その拒否反応を含めて製作者の意図なのでしょうが)

ただ、以前鑑賞したときは、黒薔薇編のオカルト的な
演出
は好きではなかったのですが、今回は普通に楽しめ
た印象です。私が大人になったからでしょうか!?
(まあ、初見から十分大人でしたが)

# この作品の演出やギミックは作品のテーマ自体に関わ
# るので、私の思うところは最後に書きますね(汗)

「百合」的な見どころは正直言って少ないです。

17話「死の棘」では樹璃の想い人・高槻詩織が登場し
ます。しかし、ここでは甘さは微塵もありません。
棄てたハズの樹璃のペンダントが戻ってくるシーンも
背中ゾワゾワ~でしたね。この世界の悪意は、思い出も
美しいまま終わらせないのです。

ただ、これも"布石"になっているので(汗)ここで失望
するのも一興です(汗)

さらに、23話では12話「たぶん友情のために」で見せた
アンシーとウテナの友情(?)も裏切りに向かうのでは?
と不安にさせますよね。

さらに!さらに!本作の黒幕・鳳暁生が行動を開始!!
「百合」的には悪い要素のオンパレード!

しかし、これを乗り越えてこそ、真の"革命"があるの
です!!恐れずに刮目せよっ!!

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。「百合」的には厳しい
展開なのよね。次の鳳暁生編も・・・
うえっ!この名前言うだけで汚れそうだわ~。でも、
逆境に耐えるのよ!「百合」冬の時代を生き抜いた
わたくしたちならできるわ!!

アレサ:私は3点。黒薔薇編は決闘シーンも決闘
までのドラマもどこか薄口だよね。でも
ラストは本当に凄い集積度だったよね。これだけで
良い物観せてもらった、と思った。

総評:●●○○○★★★

このシリーズの感想はこちら。
「少女革命ウテナ」DISC-1
「少女革命ウテナ」DISC-2
「少女革命ウテナ」DISC-3

« 「ちびでびっ!」3 | トップページ | 「百合姫Wildrose」vol.2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/45216742

この記事へのトラックバック一覧です: 「少女革命ウテナ」DISC-4,5,6:

« 「ちびでびっ!」3 | トップページ | 「百合姫Wildrose」vol.2 »