2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009.06.30

「青い花」3

志村貴子・作、太田出版・刊

アニメ放送開始を来週に控え、4巻が刊行されてからも
時間が経ちますが・・・本日は3巻の感想です(汗)

お話を振り返ると・・・万城目ふみと奥平あきらは幼な
じみ。10年間会わずに、別々の高校に入学していたが
ちょっとした切っ掛けで再会します。そして、ふみは
あきらに同性の先輩・杉本恭己に恋をしていることを
告白します。しかし、それは哀しい恋であった・・・
という内容です。

3巻はふみとあきらの周囲の人達を描くような、番外編
的な内容が多いですね。

読後の第一印象は・・・序盤は別の作品かと思ってし
まいました(汗)「百合」的には後半盛り返してきます。

続きを読む "「青い花」3" »

2009.06.29

「はやて×ブレード」9

林家志弦・作、集英社YJコミックス・刊

女子校チャンバラ漫画。第9巻です。集英社に移ってか
ら初の新刊となります。
今回は・・・冬休みに入り、朱炎雪・氷室瞑子組を倒す
ために特訓を行う、はやてと綾那がメインに描かれます。
そして、ついに対決開始!

読後の第一印象は・・・この作品読むのは本当に集中力
が必要ですね。私はもうトシヨリなのかなあ(汗)

続きを読む "「はやて×ブレード」9" »

2009.06.28

「やってきたよ、ドルイドさん!」2

志瑞祐・著、MF文庫・刊

先日3巻が発売されたのですが、2巻の感想です(汗)

お話は・・・突然やってきた転校生・シャレイリアは
絶世の美少女にしてドルイド(祭司)だった!クラス委員
長の白川夏穂は責任感もあってシャレイリアと仲良くす
ることになるが・・・という友情コメディノベルです。
今回は5話からなる短編集になっています。

読後の第一印象は・・・正しいラノベという感じです
ね。遅読の私でも2,3時間で完読してしまいました。
また、1巻に比べ「百合」度もアップしています。

続きを読む "「やってきたよ、ドルイドさん!」2" »

2009.06.27

今週、入手した物件+検索順位

本日は有力物件目白押し!全部で16点です。

まずは、漫画から。

続きを読む "今週、入手した物件+検索順位" »

2009.06.26

「カラミティナイト-オルタナティブ-」2

高瀬彼方・作、GA文庫・刊

「カラミティナイト」の復活版。第2巻です。

今回のお話は・・・転校生"ホリィブローニング"の体内
の"災禍の心臓"に影響され、"慟哭の三十人衆"と呼ばれ
る敵と戦うことになった沢村智美。ついに、"災禍の心
臓"の影響が智美の学校の生徒や、親友・櫻井優子にま
で広がってゆきます。

読後の第一印象は・・・本当に2巻は傑作ですね。設定
と言い、お話の展開と言い。「百合」的にもオリジナル
版の3冊の内では最高です。

続きを読む "「カラミティナイト-オルタナティブ-」2" »

2009.06.25

「落花流水」4

真田一輝・作、芳文社・刊

女子校の弓道部で繰り広げられる、楽しい学園生活を
描く4コマコメディ漫画。4巻目

読後の第一印象は・・・今更ですが・・・この作品って
ウンチク漫画だったのですね(汗)

続きを読む "「落花流水」4" »

2009.06.23

「咲-Saki-」5

小林立・作、ヤングガンガンコミックス・刊です。

TVアニメは大好評を博しているそうですが(汗)こちらは
地道に5巻の感想です。

清澄高校麻雀部に所属する天才麻雀少女、宮永咲と仲間
たちの闘いを描く、本格美少女麻雀漫画です。
全国大会の県予選はいよいよ大将戦。ついに咲の登場!
しかし、咲の前に"魔物"天江衣が立ちはだかる!!という
展開です。

読後の第一印象は・・・相変わらず「咲-Saki-」の半分
は「百合」でできていますね(汗)

続きを読む "「咲-Saki-」5" »

2009.06.22

「黒鉄ぷかぷか隊」1

栗橋伸祐・作、イカロス出版・刊

本日はこの作品。

お話は・・・昭和16年。大海原を舞台に日本海軍の重巡
洋艦"畝傍"の活躍を描いた、架空太平洋戦記ものです。
・・・メインのキャラクターはほとんど女性です(汗)

読後の第一印象は・・・何という「百合」海原!!

続きを読む "「黒鉄ぷかぷか隊」1" »

2009.06.21

「百合」文化の衝突

本日は実に久しぶりに考える「百合」記事を書いてみよ
うと思います。
恐らく、昔から「百合」を好きな人は薄々感じているの
ではないかと思うことです。

ここで書くのはある種の人達を貶める目的ではありま
せん。現在の「百合」界を俯瞰して分析するという趣旨
が強い・・・ということを予め書いておきます。

続きを読む "「百合」文化の衝突" »

2009.06.20

今週、入手した物件+検索順位

本日は全部で3点です。
少ないですが、興味深い物件も。

まずは、その興味深い物件から。

続きを読む "今週、入手した物件+検索順位" »

2009.06.19

「Something Sweet ~百合姉妹 蘭&凛 はじめてのKiss~」

あみまりなぁ!というサークルの同人CDドラマです。
(同人というより声優企画ドラマCDといった方がよいかも)

お話は・・・蘭は姉、凛は妹。この頃、お互い元気が
ないと感じています。それは、お互いを愛しているから
なのです!という(汗)短編ドラマです。

鑑賞後の第一印象は・・・ツッコミ所は多いですが、頭
空っぽの方が「百合」詰め込めます!(謎)

続きを読む "「Something Sweet ~百合姉妹 蘭&凛 はじめてのKiss~」" »

2009.06.18

「宇宙をかける少女」1,2

当初、「百合」要素有りと目されていたこの作品ですが
どうも「百合」的に微妙ということを小耳に挟んだので
Blu-rayはパスしていました(汗)
しかし、一応鑑賞はしておこうと思い、1,2話だけPlay-
station Store
でレンタル鑑賞しました。

# でもレンタルで1話400円はちょっと高いですね(汗)

さて、お話は・・・人類の大半がコロニーで生活して
いる遠い未来。名家の出身にして主人公・獅子堂秋葉は
獅子堂家を統べる長姉に結婚を強要される。逃げ出した
秋葉だったが、その際、謎の無人コロニーと遭遇する。
いくつかの勢力の思惑が交錯する中、秋葉は成り行きで
コロニーの本当の力を取り戻す行動をとることに・・・
という内容です。

鑑賞後の第一印象は・・・「百合」的には全く期待が
持てないことは無いのですが・・・こういう展開がめま
ぐるしい作品って「百合」的には向かないような・・・

続きを読む "「宇宙をかける少女」1,2" »

2009.06.17

「マージナル」5

神崎紫電・著、小学館ガガガ文庫・刊

コメントで教えていただいた物件のレビューです。

お話は・・・堂坂音羽と春日井小夜歌は幼いころ別れた
双子の姉妹。中学生の時、劇的に再会したのでした。
その後、二人は同じ高校に入学し、愛し合う仲に発展し
ます。しかし、ある日、音羽は小夜歌が継母から虐待を
受けている事実を知り、継母の殺害を計画し始めます
・・・というサスペンスノベルです。

読後の第一印象は・・・ガチで双子「百合」です(汗)
でも、お話はガチサスペンスです。音羽に感情移入でき
るかどうかがポイントだと思います。

続きを読む "「マージナル」5" »

2009.06.16

「オクターブ」vol.2

秋山はる・作、講談社・刊

本日はこの作品。あちこちで賛否両論を聞きますが、
・・・さて、どんなものでしょう。

お話は・・・元アイドルの宮下雪乃は、しがみつくよう
に芸能界で働いていた。劣等感に襲われる毎日。ある日
コインランドリーで出会った、岩井節子に惹かれるよう
になり、ついに肉体関係を持ってしまう・・・
2巻では雪乃と節子は雪乃の故郷へ。しかし、このことが
二人の間に微妙な歪みを生じさせてしまう。

読後の第一印象は・・・中盤は「百合」的に大きく盛り
上がります!と思ったら急降下!!まさにジェットコース
ター「百合」
ですね(汗)

続きを読む "「オクターブ」vol.2" »

2009.06.15

「マリア様がみてる」SPECIAL CD Vol.1

先日Vol.4が発売されたのですが、そういえば1巻も
レビューしていなかった!!と思って(汗)本日Vol.1の
感想です。

この1巻はアニメ版第4期の前に製作された作品です。
植田さん、伊藤さん、釘宮さんの赤薔薇ファミリーに
よるトークと、短編「ショコラとポートレート」のドラ
マ版が収録されています。

読後の第一印象は・・・なんだか懐かしい・・・実は
アニメ版は「春」以降鑑賞していなかったので(汗)

続きを読む "「マリア様がみてる」SPECIAL CD Vol.1" »

2009.06.14

「ヒャッコ」4

カトウハルアキ原作のコメディ漫画のアニメ版
第4巻(7,8話)

主人公・上下山虎子と楽しい(?)仲間たちの時にゆるい、
時に過激(?)な学園コメディ漫画。
柳の盗撮行動が再発動。そこへ狐登場。虎子は柄にも
なく手も足もでない・・・7話
虎子たちが近寄りがたい外見の蕾家祈のイメチェンを
しようとする・・・8話

鑑賞後の第一印象は・・・かなり原作のテイストを再現
できるようになったと思います。しかし・・・

続きを読む "「ヒャッコ」4" »

2009.06.13

今週、入手した物件+検索順位

本日は全部で13点です。

まずはノベルから。

続きを読む "今週、入手した物件+検索順位" »

2009.06.12

「マリア様がみてる ハローグッバイ」

今野緒雪・作、集英社コバルト文庫・刊

「マリア様がみてる」33巻(35冊目)の感想です。
ついにこの作品の感想を書く日が来てしまいました・・・
もう次巻発売の予告がされているので、この巻で終了と
いうわけではないのですが、大きな区切りを迎えた、と
いうのは事実です。

お話は・・・卒業式当日。様々なキャラクターの胸に
去来する想いが緩やかに交錯します。そんなとき突然の
ちん入者が・・・というお話。

読後の第一印象は・・・祐巳・祥子編完結。いつも通り
の雰囲気もありますが、これでこの作品の大きな幹の
部分が完結したのは事実、と思うと、シンミリします。

続きを読む "「マリア様がみてる ハローグッバイ」" »

2009.06.11

「シュガーはお年頃」2

二宮ひかる・作、少年画報社・刊

原作は完結(?)したようなので3巻が出る前に2巻の感想
をば・・・

お話は・・・ふとした切っ掛けで"親友"になった主人公
畑中恵子と浅見椿。2巻では椿の過去を知る男・日比野
が登場。恵子は椿を通して恋愛や孤独といった青春時代
特有の心の動きを経験していきます・・・

読後の第一印象は・・・実に青春漫画しています。
「百合」的にはどっちに転ぶか判りませんが、良作
あることは間違いないです。

続きを読む "「シュガーはお年頃」2" »

2009.06.10

「ステージガールズ 完全版」1,2

黒岩よしひろ・作画、上野毛あさみ・原作、産経新聞出版・刊

「コミック・ガンボ」廃刊で2巻は日の目を見ること
はないと思われた2巻が、なんと!発売されました。
本日は「完全版」1,2巻の感想です。
(旧版の1巻の感想はこちら)

お話は・・・2年前。若手お笑い界を席巻した女の子
コンビがあった。その名は"ステージガールズ"。
しかし現在、コンビの一人・亀野歩美は別のコンビで
お笑いを続け、もう一人・福本茂世は芸能界から去って
いた・・・という青春お笑い業界漫画です。

1巻の最後ではステージガールズが解散した理由が語ら
れます。そして、歩美と茂世は2年後に再会することを
約束します・・・。2巻は2年後。再会の場所・若手お
笑い大会・マゼコンが開始されるが、歩美と茂世は訳
あって別々の相方と出場することに・・・

読後の第一印象は・・・ストレートな「百合」ではない
ですが、人間関係が巧いですね。気持ちよく「百合」
妄想に誘ってくれます。

続きを読む "「ステージガールズ 完全版」1,2" »

2009.06.09

「文化部をいくつか」

F4U・作、集英社UJコミックス・刊

本日はやっとこの作品の感想です。

お話は・・・巨大学園・第四帝国統桜学園のいくつかの
文化部に集う人々の、ナンセンスギャグコメディ漫画
です。

読後の第一印象は・・・「百合」要素は1話のみですが
ハイテンションなエキセントリックコメディは面白い
ですね。

続きを読む "「文化部をいくつか」" »

2009.06.08

「ひだまりスケッチ」4

蒼樹うめ・作、芳文社・刊

アニメ版第二期も終わり、原作4巻の感想です。

お話は・・・ひだまり荘に集う、美術科の女の子たちの
ゆるくてハッピーなコメディ漫画。ゆのは2年生に進級。
そしてひだまり荘に新しい仲間がやってくる。という
展開です。

読後の第一印象は・・・やはり原作は、日常感があって
良いですね。「百合」的には最後の「夏目ができるまで」
は必見。

続きを読む "「ひだまりスケッチ」4" »

2009.06.07

「苺ましまろ」Volume.6+「苺ましまろ encore」Vol.2

ばらスィー・作、メディアワークス・刊です。

4人の小学生の女の子と、1人の女子高校生のゆるくて
可愛いコメディ漫画。6巻目。5巻の感想からもうすぐ
2年です(汗)

あとOVA「encore」Vol.2の感想も一緒に書きます。

読後の第一印象は・・・相変わらずですが、原作はほん
の少し印象が変わってきているような・・・

続きを読む "「苺ましまろ」Volume.6+「苺ましまろ encore」Vol.2" »

2009.06.06

今週、入手した物件+検索順位

本日は全部で14点です。
そして、「百合」の歴史がまた一ページ・・・

まずはノベルです。

続きを読む "今週、入手した物件+検索順位" »

2009.06.05

「六道ヶ辻 ウンター・デン・リンデンの薔薇」

栗本薫・著、角川書店・刊

先日死去された栗本薫氏への追悼として、久しぶりに
この作品(1996年出版)を読んでみました。

平安時代から続く名家"大導寺家"の興亡について語られ
る和風サーガ"六道ヶ辻"シリーズの2作目です。ここで
は大導寺家の系譜から"消された"、大導寺笙子という
人物に焦点が当てられます。

お話は・・・大正時代。私立の名門・青渓女学院が舞台
です。引っ込み思案の笙子は、同級生で日本人離れした
容姿を持つ向後摩由璃に強く惹かれていく。ある日、
同じく摩由璃に好意を持っていた尾崎鏡子に、笙子は
酷い虐めを受けてしまう。これを切っ掛けにして摩由璃
と笙子は急速に接近していくが、学園では恐ろしい事件
が!・・・という内容。

続きを読む "「六道ヶ辻 ウンター・デン・リンデンの薔薇」" »

2009.06.04

「ゆゆ式」1

三上小又・作、芳文社・刊

「百合」要素有り?と思って買った作品です。

お話は・・・情報処理部の三人の女の子、ゆずこ、唯、
縁のきわめてゆる~いコメディ4コマ漫画です。

読後の第一印象は・・・「百合」というほどの要素は
ありませんでした。
でも、激しいゆるさが気持ち良い
です(汗)

続きを読む "「ゆゆ式」1" »

2009.06.03

「百合姫Wildrose」vol.2

一迅社・刊

本日は「Wildrose」の感想です。
「Wildrose」は「百合」でありながら、幾分セクシャル
な内容
の作品が中心(というか全て)です。全て読み切り
というのも「百合姫」シリーズは珍しいですね。

読後の第一印象は・・・vol.1よりかなりエロい!!(汗)

では今回も1話ずつ感想書きます。

続きを読む "「百合姫Wildrose」vol.2" »

2009.06.02

「少女革命ウテナ」DISC-4,5,6

前回予告したように、黒薔薇編(13~24話)は一気に
レビュー致します(汗)

お話をまとめると・・・生徒会長・桐生冬芽は敗北し
引きこもり状態になります。そこへ登場したのが天才
高校生・御影草時。御影は黒薔薇の刻印を使って一般
生徒をウテナと戦うデュエリストに仕立て上げていき
ます。彼の野望とは?!
そして・・・視聴者は22,23話で驚愕の事実を知ること
になります!

鑑賞後の第一印象は・・・実は黒薔薇編はあまり好き
ではありませんでした。でも、22,23話の引き込みは
本当にスゴイものがありますよね。23話のラストシーン
は(知っていましたが)背中がゾワっとしました。

続きを読む "「少女革命ウテナ」DISC-4,5,6" »

2009.06.01

「ちびでびっ!」3

寺本薫・作、芳文社・刊

リョウ(♀)の母は占い師。あるとき召還術を誤って、
可愛い悪魔の女の子・リリィを召還してしまう。
リリィとリョウと仲間たちの楽しい日常を描く4コマ
漫画。3巻(最終巻)です。

読後の第一印象は・・・まあ、予想はしていましたが
「百合」的にはこんなものかな・・・

続きを読む "「ちびでびっ!」3" »

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »