2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ヒャッコ」4 | トップページ | 「オクターブ」vol.2 »

2009.06.15

「マリア様がみてる」SPECIAL CD Vol.1

先日Vol.4が発売されたのですが、そういえば1巻も
レビューしていなかった!!と思って(汗)本日Vol.1の
感想です。

この1巻はアニメ版第4期の前に製作された作品です。
植田さん、伊藤さん、釘宮さんの赤薔薇ファミリーに
よるトークと、短編「ショコラとポートレート」のドラ
マ版が収録されています。

読後の第一印象は・・・なんだか懐かしい・・・実は
アニメ版は「春」以降鑑賞していなかったので(汗)

さて、トーク部分ですが以前発売された「DJCD」と似た
ノリです。一見落ち着いているのですが、主に植田さん
の発言でグラつくという(汗)

あと、第3期を鑑賞していないからか、瞳子=釘宮さん
というイメージが定着していないので、妙な違和感が
ありました(汗)

そうそう、後半のトークで釘宮さんの祖父母が大分出身
ということを話していましたが、ナルホドです。
大分って何故か釘宮姓が多いのです。現市長や地元で
有名な眼鏡屋さんもそうだし・・・

っと、閑話休題(汗)

さて、短編「ショコラとポートレート」「バラエティ
ギフト」
に掲載された短編です。実に5年前の作品で、
しかも1回目のヴァレンタインイベントのお話なので、
懐かしさ全開です(汗)

しかし、内藤笙子と武嶋蔦子の出逢いが描かれる重要な
お話でもあるので、ドラマCD化は素直に嬉しいエピ
ソードでした。

内容はほとんど原作通りですが、原作では感じなかった
笙子の、幼いけれどどこか冷めた性格がはっきりと感じ
られました。蔦子との出逢いがそれに少し変化を生じさ
せているという構図も原作より判りやすかったです。

ただ、笙子役の井上麻里奈さんはこういう長~いモノ
ローグに慣れていないのでは?と感じる所もありました
ね(汗)
あと、蔦子さんってこんな声だっけ?とも(汗)

でも、総じて悪くない出来だったと思います。
懐かしかったですが、新たな発見はあったと思います。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3点。笙子ちゃんの初々しさが
可愛いのよ。蔦子ちゃんも他人と深く関わ
る方ではないから、妄想できそうなカップリングと言え
るわね~

アレサ:私は3点。「マリア様がみてる」のCDは実
世界とは離れた落ち着きを演出している
が良いよね。こういうノリのアニメのCDって無いと思う
なあ。「ショコラとポートレート」もしっかり解釈して
ドラマ化されていたと思う。

総評:●●●○○★★★

この「マリア様がみてる」のCDの感想はこちら
ドラマCD「マリア様がみてる」1
ドラマCD「マリア様がみてる」2
ドラマCD「マリア様がみてる 黄薔薇革命」
ドラマCD「マリア様がみてる いばらの森~白き花びら」
ドラマCD「マリア様がみてる ロサ・カニーナ」
ドラマCD「マリア様がみてる ウァレンティーヌスの贈り物」
ドラマCD「マリア様がみてる ファースト デート トライアングル」
ドラマCD「マリア様がみてる いとしき歳月」
ドラマCD「マリア様がみてる いとしき歳月2」
ドラマCD「マリア様がみてる いつしか年も」
「DJCD マリア様がみてる」1,2
「DJCD マリア様がみてる」3

« 「ヒャッコ」4 | トップページ | 「オクターブ」vol.2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/45352768

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリア様がみてる」SPECIAL CD Vol.1:

« 「ヒャッコ」4 | トップページ | 「オクターブ」vol.2 »