2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「-immoral-」 | トップページ | 「青年のための読書クラブ」1 »

2009.07.21

「Candy boy」Vol.1

昨年、ニコニコ動画に突如登場した姉妹「百合」アニメ
「Candy boy」のDVD版の感想です。

お話は・・・今時の女子校生、櫻井奏・雪乃姉妹の日常
を描く、ガチ姉妹「百合」アニメです。

鑑賞後の第一印象は・・・なんとも艶やか甘やか
気分にさせてくれます・・・

今期は「百合」アニメも多く出ていますが、この作品の
登場は本当にエポックメーキングな出来事でした。
「百合」アニメ自体はそれまでにもいくつか登場して
いましたが、ニコニコ動画というオープンな場所から
登場したわけですから。

ただし、当初は楽曲の付属品としてのアニメ作品だった
わけで、その企み自体が成功している・・・とは言い難
いのですが(汗)
アニメの新しいカタチという意味でも注目に値する作品
でした。

さて、本作は櫻井奏・雪乃姉妹のなんと言うことはない
日常を描いた作品です。
ほぼ会話劇で進行する代わりに、止め絵の作画は目を見
張るものがあります。特に手をつないだり、腕を引き寄
せていたり・・・という仕草がとても良く描けています
ね。そういう"狙い"も面白いです。

「百合」的にはもちろん、奏・雪乃の関係です。

普段はただの仲の良い姉妹に見えるのですが、ちょっと
した言動でただならぬ雰囲気を醸し出す、というのが
ポイントです。

二人の手をつないだりのスキンシップや会話で、"ただ
ならぬ"雰囲気に移行する瞬間がとても良いです。
トロッと脳がとろけそうな気さえします(汗)

また、普通の「百合」はカップルのどちらかに感情移入
することも多いのですが、奏・雪乃の関係には立ち入る
隙がない
のもポイントです。
視聴者は二人の仲の良さを見せつけられているという
気分になります。

episode03,04では奏・雪乃の妹(雫)が登場して、寂しい
心情を吐露するのですが、これも「立ち入る隙がない」
関係を表していると思います。

・・・「百合」ファンはカップルを第三者的に眺める
鑑賞方法を熟知していると思うので、問題はないでしょ
うね(汗)

二人の間にどういう感情があるのか、明確には示されな
いのですが、恋情に近い感情があるとしか考えられない
・・・という演出になっているのが良いですよね。

姉妹「百合」作品は、それなりに存在しますが、ここ
まで踏み込んだ作品
は無かったのではないでしょうか。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。もう、結婚しちゃえば
良いのに~!!それにても、あの指の絡め
方とか、憧れるわ~。ああいいうの、アレサちゃんと
したいわ~。

アレサ:私は3点。まず、この作品の立ち位置が
面白いよね。1点豪華主義的な作画も良い
狙いだと思う。でも、登場当初はこれがアニメの新し
いカタチかと思ったけど・・・商業的に成功している
とは言い難いよね。商売って難しいものだね。
あとこの作画でDVDではもったいないような気がした。
BDだともっと綺麗に見えるはずなのに。

総評:●●●●●★★★

« 「-immoral-」 | トップページ | 「青年のための読書クラブ」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/45703840

この記事へのトラックバック一覧です: 「Candy boy」Vol.1:

« 「-immoral-」 | トップページ | 「青年のための読書クラブ」1 »