2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「かなめも」1 | トップページ | 「バタフライキス」 »

2009.07.08

「あまがみエメンタール」

瑞智士記・著、一迅社文庫・刊

「幽霊列車とこんぺい糖 メモリー・オブ・リガヤ」
「百合」ファンを喜ばせてくれた瑞智士記氏の新作です!

お話は・・・噛み癖のある橘地莉子と噛ませ癖のある
渡会心音の、小学生から高校卒業に至までのエピソード
を綴ったノベルです。

読後の第一印象は・・・傑作です!ノベル部門では今年
No.1の作品かもしれません。

お話は、心音の心情を通して描かれています。莉子の
内面はほとんど描かれません。

いつもなら、片方の心理描写だけでは物足りないと思う
のですが、この作品はこれで良いと思います。莉子は
ほとんど最後まで幼児レベルだし(汗)異常な愛情だと
悟りながらも最後まで行ってしまう心音の心理が非常に
良く描けていると思います。

どう考えても一般的な愛情ではないのですが、そこが
とても純文学的で高尚だと思えました。

「幽霊列車とこんぺい糖 メモリー・オブ・リガヤ」も
そうですが瑞智士記氏は「百合」ファンの琴線に振れる
のが実に巧いです。

心臓がバクバクするかのような興奮と、文字通り体の
一部が失われそうな切なさのバランスがとても良いの
です。甘さと切なさの黄金比こそ良「百合」だと改めて
思いました。

しかも、大げさではなく、自然で納得できる目線の高さ
になっているのもグッドなのです。

まあ・・・後半は血も出るし、肉体的な痛さも伴うので
そういうのが苦手な人にはお勧めできないですが、「百
合」ファンなら一度は読んで欲しい作品です。

あと、あとがきも嬉しいですね!
「百合」嗜好のある作家は是非一迅社文庫で描いて欲し
いです。

では二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点!良い作品だわ~。二人の
濃厚な愛情表現!!なんとも言えない切なさ!
痛くて甘いこの感覚!う~!ああっ!アレサちゃん、
わたくしを噛んでっ!!

アレサ:今回はパンチで許して。
私も納得の3点。お話は大事件が起こるわ
けではないし、傷つける愛情自体は文学のテーマとして
は目新しくはないけど、それを絶妙に「百合」に導入し
ているのが巧いんだよね。こう言うのを良「百合」作品
というのだろうね。

総評:●●●●●★★★

瑞智士記氏の他の作品の感想はこちら。
「幽霊列車とこんぺい糖 メモリー・オブ・リガヤ」
「戦場のライラプス」

« 「かなめも」1 | トップページ | 「バタフライキス」 »

コメント


 はじめまして☆

     私も最近読みましたぁ

            ktkr-----
 かなり良かったですwwww


 このブログ凄いよー

コメントありがとうございます。
★紫苑様

>かなり良かったですwwww

人を選ぶ作品だと思うのですが、ジャストフィット
するとかなり'キ'ますよね。

このブログが作品を購入する参考になれば幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/45577891

この記事へのトラックバック一覧です: 「あまがみエメンタール」:

« 「かなめも」1 | トップページ | 「バタフライキス」 »