2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ひなぎく純真女学園」1 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

2009.08.07

「初恋姉妹」3

東雲水生・作、一迅社百合姫コミックス・刊

最近また百合姫コミックスの感想が滞りつつありますね
・・・ということで、本日はこの作品の感想です。

雑誌「百合姫」を代表する作品だったといっても過言
ではない、この作品もいよいよ最終巻です。
(・・・発売されたのは1年以上前ですが)

前巻で相思相愛になった千夏と榛菜。この巻では二人の
ラブラブを描きつつ、物語を彩った、明穂、知織、柊
先生。そして、桐香と美夕の関係とその後が描かれます。

では、本日は二人がレビューします。

アレサ:「百合姉妹」時代から続いていた、この
作品もいよいよ完結だね。「百合」ブーム
に火が付いた直後に連載が開始されて、地味ながらも
好きな人は多かったなじゃないかな。この作品。
その名物作品が終わるわけで、感慨深いものがあるよね。

フューシア:今回改めて読み直したけれど、良いわあ。
「百合」は良いわあ~。この作品って一見
地味だけど、「百合」好きの琴線にビンビンくるわね!

アレサ:表面的には"地味"だけど。これは敢えて
"抑え気味"にしているだけだと思うよ。
作風は柔らかいけどコメディ的な"浮遊感"がないのが
この作品の最大のポイントだと思うな。それが独特の
雰囲気を造り出している。

フューシア:そうそう。雰囲気が良いのよ。この世には
「百合」な女学校しかないのよ!
とでも言うような主張が、雄弁ではなく、でも力強く
語られているような気がするわ。

アレサ:それはどうかなあ・・・
ところで、フューシアはどのキャラが良い
と思う?

フューシア:それはもちろん、アレサちゃん!!

アレサ:・・・ルドマンとはマニアックだね。

フューシア:違うわ違うわよ~。もう、アレサちゃんは
冗談が通じないから。
え~っと。わたくしは明穂ちゃんかしら。良い娘なの
よね。ちょっと暗いのがわたくし好みなのよ。最後も
幸せになれて良かったわ~。

アレサ:私は桐香かな。一見強気だけど、デレると
引っ込みになるのが面白いね。
そうそう。この作品って、メインの5人の存在感の強弱
桐香・美夕カップルの距離感がバラバラで、その関係性
の濃淡
も面白いよね。

フューシア:関係性云々より、わたくしは登場人物が
それぞれ幸せになれたのが嬉しいわ。
ああ、やっぱり「百合」って良いわね。心が洗われる
わ~。

アレサ:じゃ、評価。私は3点。「百合」の看板作
品だけあって、「百合」の神髄を描けて
いるよね。甘くて切なくてハッピー。見事。

フューシア:わたくしはもちろん5点!・・・東雲先生。
こんな素晴らしい作品をありがとうござい
ます!そして、お疲れさまでしたわ!
「百合」に栄光あれ!

総評:●●●●●★★★

このシリーズの作品の感想はこちら。
「初恋姉妹」1
「初恋姉妹」2

このシリーズの他の作品の感想はこちら。
ドラマCD「初恋姉妹」第1巻「秘密の時間」

« 「ひなぎく純真女学園」1 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/45863811

この記事へのトラックバック一覧です: 「初恋姉妹」3:

« 「ひなぎく純真女学園」1 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »