2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「紅蓮紀」1 »

2009.08.09

「アオイシロ-青い城の円舞曲-」

麓川智之・原作、江戸屋ぽち・漫画、一迅社百合姫コミックス・刊

本日はこの作品の感想です。実はゲーム版はまだ未プレ
イなのですが(汗)この作品は本編に影響しないそうなの
で読みました。(オビを読むと先に読んだ方が楽しめる
とか・・・)

お話は・・・父の都合で田舎のお嬢様学校に入学した
秋田百子。寮の同室になったのは体の弱い、相沢保美。
保美は入学式の日に助けられた先輩を捜していた・・・
という内容です。

読後の第一印象は・・・設定等はとても良いですが、
「百合」としては、もう少し欲しかったですね。

さて、この作品は3話あり、それぞれのエピソードで3人
の登場人物(秋田百子、相沢保美、小山内梢子)が語り部
となります。

それぞれに深く「百合」要素を持っている3人で、なか
なか切なく描けているのですが、1話毎主人公が変わる
ので、「百合」的に核がないような印象を持ってしまい
ました・・・

しかし、書き下ろしの「prelude」は秋田百子の切ない
想いをしっかり描けていて、グッときました~

漫画作品としてはキャラクターもしっかりしているし、
女子高の剣道部という点でオリジナリティあると思うし
梢子が幼い頃に海で死にかけたというのは本編の重要な
伏線だと思うし、本編への導入としては、十分に魅力は
出ている
と思います。

小耳に挟んだところでは、本編(ゲーム)の「百合」要素
は正直微妙だという評価の人が多いようですが、この
漫画版を読む限り、期待できそうだなあ・・・と思い
ました。(少なくとも、そう思わせることには成功して
いる作品です)

この夏、ゲーム版プレイしようかなあ・・・

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。元気な百子ちゃんの切な
い心中がとても切なくてグッときたわ~
これが本編なら嬉しいのだけれど・・・

アレサ:私は3点。切ないお話が中心だけど、テン
ポが良いんだよね。そこが巧い。でも、
話がゲーム版に持ち越されているのは残念だなあ。
・・・プロモ的な作品だからしょうがないとも言える
けどね。

総評:●●●●○★★★

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「紅蓮紀」1 »

コメント

江戸屋ポチ氏×アオイシロなら、同氏が同人誌で発刊した「青い慟哭 白む闇」がかなりオススメです。
商業がプレに対してこちらはアフターですが、プレで百子に入れ込めたなら読んで損はないかと。
ただ、去年夏の本なので入手できるかどうかと言う点と、アフターストーリーなんでゲーム本編をクリアしている前提でしか読めない点があるので、敷居が高いかもしれませんが……。

機会があれば是非。

コメントありがとうございます。
★神爆龍王様

>「青い慟哭 白む闇」

当初、オンラインショップではすぐに売り切れてしまっ
て残念な思いをしたのですが、こちらのサークル様が
再版してくださったのです!

ということで、そのとき、無事ゲットできました。
こちらもレビューしたいですね。

情報、ありがとうございます。
神爆龍王様の新刊楽しみにしておりますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/45882681

この記事へのトラックバック一覧です: 「アオイシロ-青い城の円舞曲-」:

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「紅蓮紀」1 »