2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「はやて×ブレード」10 | トップページ | 「私立カトレア学園乙女は花に恋をする」 »

2009.09.03

「ひとひら」7

桐原いづみ・刊、双葉社・刊

演劇部に入部した・麦と仲間達の楽しくてほろ苦い青春
演劇ストーリー。堂々の最終巻です。

お話は・・・演劇部の公演が迫る。しかし、麦とちとせ
はあることで対立してしまう・・・。という展開。

読後の第一印象は・・・予想通り「百合」的には遠のい
てしまいましたが、良いお話ではありますね。

・・・まあ、なんというか予想通りでしたね。悪い意味
で・・・。ここまで影の薄かった甲斐(♂)を巡って麦と
ちとせが対立するという、「百合」的にはガックリな
展開です。
ただ、これはちょっとオブラートに包んだような表現に
なっているので、恋愛ものというより、麦とちとせが
親友として対立したという意味合いも強いです。

・・・でもガックリには変わりませんよね(汗)

それにしても、桐原いづみ氏は漫画が巧い!
大ゴマの使い方とか、キャラクターの表情の付け方と
か、本当に非凡なものを感じます。絵の完成度も上がっ
てきていますし、演出も巧いです。最後は感動させられ
ました。

「百合」的には・・・なんと言っても、演劇部の公演
を見に来た、野乃と美麗ですね。
なんと、意味深に手をつなぐシーンがあるのです!
これを見られただけでも元は取れました。私的には。

・・・まあ、最後まで「百合」的に盛り返すことはあり
ませんでしたが、作者はますます上達してきているし、
新作に期待しましょう。

では二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3点。野乃ちゃんと美麗ちゃん
はデキているわ!!あれはどう見ても恋人
同士だったわ!最後にあれを見られただけでも幸せだ
わ~。これだけで3点!

アレサ:私は2点。最後は感動的だった。本当に
青春青春していて。でもイヤミじゃない
んだよね。爽やかで。そこが良い。
しかし・・・やはり麦の1年生編(野乃の存在)が大き
すぎたよね。

総評:●●●○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「ひとひら」1
「ひとひら」2
「ひとひら」3
「ひとひら」4
「ひとひら」5
「ひとひら」6
桐原いづみ作品の感想はこちら。
「ココノカの魔女」

« 「はやて×ブレード」10 | トップページ | 「私立カトレア学園乙女は花に恋をする」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46114199

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとひら」7:

« 「はやて×ブレード」10 | トップページ | 「私立カトレア学園乙女は花に恋をする」 »