2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「うみものがたり」1 | トップページ | 帰ってきました(汗) »

2009.10.09

「ホワイト・ファング 狼は還らず」

麻生俊平・著、徳間書店EDGEノベル・刊

「百合」的な素地はあるものの、なかなか発現せずに
ついに最終巻です。

3巻のお話は・・・前回、人狼の少女・冬月瞳と別れた
春日仁美。瞳は復讐を果たすため、仁美は瞳に未来を
見て欲しくて別々の行動をとります。そんなとき、牧人
舎(対人狼組織)が仁美に接触してくるが・・・
という展開です。

読後の第一印象は・・・完読するのにこれほど苦労した
作品は久しぶりかも。最後までアクの強い作品でした。
「百合」的には救いはありますが、正直微妙かな。

それにしても読みにくかったです(汗)

普通のラノベのように軽くて短い文章ではないし、観念
的な表現も多いし、独特のテンポがあるので、そのテン
ポに乗れなければとても読みにくく感じてしまいます。

ただ、そういうアクの強さはラノベっぽくなくて、個人
的には嫌いではありません。(だからといって読むのが
速くなるわけではないですが)

あと、普通のアクションものにせずかなり地味な展開
だったのも個人的にはグッドです。(このことが読みに
くさに輪をかけたわけですが・・・)

さて、「百合」的には・・・やはり瞳と仁美の奇妙な
同盟関係」ですよね。ストレートな「百合」ではない
のですが、確かに二人の間には強い絆を感じました。
仁美に対してずっとクールだった瞳が、ラスト近くで、
心情を吐くシーンがあるのですが、グッと来ましたね。

これを読むためにここまで耐えた!と思いました(汗)

まあ、明確な「百合」を求める人にはお勧めできない
のですが、不明瞭だけど確かな絆を感じさせるような
「百合」(?)作品を読みたいならお薦めしたい作品だっ
たと思います。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3点。うう惜しいわ~。
こういう絆ものも良いけれど、わたくし
としては、もう少し明確な"何か"が欲しかったわ~。
でも当初裏切り系の予感もしていたからそれに比べたら
十分グッドエンドだわね。

アレサ:私は2点。正直なところ難点も多いけど
個人的にはワクドキしたし、楽しめたと
思う。でも他の人にはお勧めしにくい作品であることは
間違いないよね。

総評:●●●○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「ホワイト・ファング 狼よ、月影に瞑れ」
「ホワイト・ファング 孤狼の唄、今は絶え」

« 「うみものがたり」1 | トップページ | 帰ってきました(汗) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46442027

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホワイト・ファング 狼は還らず」:

« 「うみものがたり」1 | トップページ | 帰ってきました(汗) »