2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「少女十色」+「ひとつ屋根の下」(前編) | トップページ | 先週、入手した物件+検索順位 »

2009.10.24

「少女十色」+「ひとつ屋根の下」(後編)

口達者同盟というサークルの同人誌です。
ではでは、感想、後編です・・・

西山香葉子・作「ふたりで同じ夢をみよう-芙蓉学園ストーリー」
小説作品です。漫才コンビものです。腐女子系では
実際の漫才コンビのBLものとかありますが、「百合」
系では珍しいです。漫画ですが「STAGE GIRLS」という
作品がありましたが・・・
「百合」に進展する直前という所で終わっているのが
残念ですね。続きが読みたいです。

まじか・作「群青~君の気持ち、僕の気持ち~」
小説作品です。「百合」作品としてはオーソドックス
なのですが、ちょっと小悪魔的な一人称オレ少女と
いうのは目新しいですね。色々な伏線が入っているの
で今後の展開に期待したい作品ですね。

それにしても「少女十色」は尖っています。
王道作品もありますが、全体的に"置きにいっていない"
のが良いですね。
さすがに「百合」を熟知している執筆陣&編集だと思い
ました。

続きまして「ひとつ屋根の下」の感想です。

こちらは西山香葉子氏の個人誌小説本です。
「赤い屋根の下の不思議な関係」
お嬢様とメイドもの。ひょっとしてこれは「ガンW」の
世界観をつかったオリジナルかな?
メイドのリリーのささやかな幸せがよく表現されている
と思います。短い作品ですが、読後の清涼感が気持ち良
いです。

「厄介な連中」
女子高の生徒会もの。「百合」作品としてはよくある
テーマですが、主要登場人物は3人。主人公以外は美人
で目立つ存在。主人公は地味、というのが新鮮な設定
です。
一般生徒達のやっかみもありますが、この状況に幸せを
感じている主人公の心情が良く出ていて、感情移入でき
ますね。

個人的には西山香葉子氏はもっとシビアな作品を書く
方かと思っていました。この2作は読んでいてハッピー
になれるような内容で、良い意味で意外性がありまし
た。個人的にシビア、シリアスなお話も良いですが、
こういうハッピーなお話はやはり良いものです。
良い夢見られそうです。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしはもちろん5点!やはり「百合」
は良いわね~。執筆者たちの「百合」へ
の造詣の深さを感じるわ。あと、甘い作品、悲劇的な
作品とバランスも良くて楽しめたわ。

アレサ:私は3点。良い意味で同人誌らしい造り
で、楽しめた。流石に執筆陣は「百合」を
よく知っている方ばかりだから冒険の仕方もよく
心得ていると思った。「百合」で冒険するのは賛否
両論あるかもしれないけど、個人的にはもっと冒険が
必要だと思う。

総評:●●●●●★★★

« 「少女十色」+「ひとつ屋根の下」(前編) | トップページ | 先週、入手した物件+検索順位 »

コメント

昨夜前編読んで、ものすごいところで切るなあ、と後編があがるのをビクビクしながら読みました(汗)。ご意見ありがとうございました。

メイドの話は、前に感想を書いていただいた「ガールフレンズ」と同じ国の、時代だけ少し昔の話になります。テレビのない時代をイメージしています。

どうもありがとうございました。

コメントありがとうございます。
★べにすずめ(西山香葉子)さま

>昨夜前編読んで、ものすごいところで切るなあ

全部したかったのですが、時間切れで・・・(汗)

>メイドの話は、前に感想を書いていただいた「ガールフレンズ」と同じ国の、時代だけ少し昔の話になります。

やはりそうでしたか。雰囲気が似ていました。
ある意味"新古典"という感じの世界観って好きです。
今回の3作品、どれも続編が読みたいと思いました。
(以前に比べてすごく取っつきやすい内容&文章に
なっていますし)

続編楽しみにしています!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46573698

この記事へのトラックバック一覧です: 「少女十色」+「ひとつ屋根の下」(後編):

« 「少女十色」+「ひとつ屋根の下」(前編) | トップページ | 先週、入手した物件+検索順位 »