2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「COMIC リリィ」Vol.1 | トップページ | 「やってきたよ、ドルイドさん!」3 »

2009.11.18

「半熟女子」1

携帯漫画として連載されていたため、私も単行本で初め
て読んだ作品です。

お話は・・・ある女子校を舞台にした4人の登場人物
(2組のカップル)の物語。コンプレックス、性別、心と
体と言った思春期的なテーマを扱ったお話です。

読後の第一印象は・・・さすが森島明子氏。感服です。
ちょっとセクシャルで重いテーマの部分もありますが
あくまで、女の子に生まれた"幸せ"を描いているのが
ポイントですね。

森島明子氏といえば「百合姉妹」誌では「大人の百合」
とでも言うべき作品を手がけているのですが、この作品
はある意味オーソドックスな学園「百合」物語です。

しかし、さすがは森島明子氏。全くありきたりな内容
ではありません。

思春期の女の子独特の心の揺れ動きをとても良く捉え
ています。・・・私は思春期の女の子ではないので(汗)
絶対的な比較はできませんが、少なくとも"とてもリア
ルに見える
"とは思います。
そのリアルさの上に甘くて、時々苦い「百合」物語を
しっかり構築しているので、「百合」ファンなら引き
込まれない訳はありませんよね。

この作品は「百合姉妹」に掲載されている作品より
セクシャルな描写が含まれています。この点が気にな
る読者もいるかもしれません。
ただ、セクシャルな描写もアカラサマ(性器描写)では
ないし、とても甘く描かれているので、イヤな感じは
しないのでは?と思います。

全体的に森島明子氏は"女の子であること"がとても
ハッピーに描きますよね。「百合」への思い入れが
ハンパではない
という印象がします。
そういう作家の作品が読めるのは、「百合」ファン
にとっても幸福なことです。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点!ああ、良いわ~。女に
生まれたからには、女に恋するのは必然!
一見可愛くて甘い描写に、そういう強い主張が潜んで
いるように見えるのよ!これぞ「百合」ユニバース!
その宇宙空間で心ゆくまで酔えるわ~

アレサ:私は3点。やっぱり森島明子先生はスゴイ。
比較しちゃアレだけど、私としては「つぼ
み」
「リリィ」からここまで達観した作家が出るか
と言われたら・・・ちょっと難しいかも・・・と思って
しまう。もちろん、期待はするけど。

総評:●●●●●★★★

森島明子氏の作品の感想はこちら。
「楽園の条件」

« 「COMIC リリィ」Vol.1 | トップページ | 「やってきたよ、ドルイドさん!」3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46799202

この記事へのトラックバック一覧です: 「半熟女子」1:

« 「COMIC リリィ」Vol.1 | トップページ | 「やってきたよ、ドルイドさん!」3 »