2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「カシオペア・ドルチェ」1 | トップページ | 「鋼鉄の白兎騎士団」IX »

2009.11.26

「Flower*Flower」1

石見翔子・作、一迅社・百合姫コミックス・刊

「スズナリ!」「かなめも」で4コマ漫画とは思えな
い「百合」を読ませてくれた石見氏の初めての長編漫画
です。4コマ漫画でもストーリーテラーの片鱗を見せて
いる作者だけあって、期待度高いです!

お話は・・・ファンタジーです。真伽国の皇子・蒼の所
に嫁いできた、アディンガーラ国の姫君・ニナは蒼が
女装趣味であったためその弟・朱玲と婚約してしまい
ます。しかし、朱玲は女の子。二人の誤解すれ違い
そしてふれあいを描いたコメディ漫画です。

読後の第一印象は・・・こういう異文化ファンタジー
漫画
って好きです。「百合」的にはまだ一方通行です
が、ポテンシャルの高さを感じるには十分です。

キレイで可愛い絵や、服装など文化的な描写がとても
良いですね。リアルさは感じないですが、お伽噺らしい
雰囲気を感じさせる作画になっているのがグッドです。

あと、朱玲とニナの国の文化的な相違が至る所に出てい
るのも、キャラや世界観の厚みを上手く表現しています
よね。漫画としては基本だとは思いますが、短編が多い
「百合」作品の中ではそういう作品は意外と少ないの
です。

さて、肝心の「百合」的には・・・朱玲はニナのことを
愛しているのですが、1巻ではニナは朱玲のことを男だ
と思っています。ニナは時々ツンデレなところを見せる
のですが、それはあくまで皇子・朱玲に対してです。
この点は「百合」的には微妙ですよね。

1巻の最後で朱玲が女の子であることが明らかになり
二人の関係はさらにわからなくなります。
この辺りも個人的にはグッドです。今後の山あり谷あ
りを予感させてくれますね。

そういうことで、まだガチ「百合」の甘さは味わえて
いない
のですが、この作品のポテンシャルの高さと
作者の過去の作品から判断して、2巻は確実に「百合」
展開していくと思います。
・・・まあ、百合姫コミックだからアタリマエとも
言えますが(汗)

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。朱ちゃんの一途さと少女
らしい無垢さが可愛いのよ~。でも、まだ
朱ちゃんの一方的な想いなので、あえて4点にしたわ。
それにしても・・・女の子だってオオカミなのよ?
アレサちゃん~!(名言ね)

アレサ:私は3点。石見先生って「漫画が上手い」
タイプの作家だと思う。プロだから当た
り前だけど、意外と出来ていない作家多いよ。
例えば、二人の姫の侍女の描写とか、語ってないのに
雄弁だったりするんだよね。こういうのが出来る作家
はやっぱり上手い。2巻も楽しみ。

総評:●●●●○★★★

石見翔子氏の作品の感想はこちら。
「かなめも」1
「かなめも」2
「スズナリ!」1
「スズナリ!」2

« 「カシオペア・ドルチェ」1 | トップページ | 「鋼鉄の白兎騎士団」IX »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46867412

この記事へのトラックバック一覧です: 「Flower*Flower」1:

« 「カシオペア・ドルチェ」1 | トップページ | 「鋼鉄の白兎騎士団」IX »