2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「オトメキカングレーテル」1 | トップページ | 「カシオペア・ドルチェ」1 »

2009.11.24

「HONEY CRUSH」1

椿あす・作、一迅社・百合姫コミックス・刊

「これが私の御主人様」でメジャーになった(というか
デビュー作?)椿あす氏の「百合」作品です。

お話は・・・美少女・まどかに恋をしたまま、幽霊に
なってしまった少女・みつ。そして、まどかの幼なじみ
恭子の不思議な三角関係コメディ漫画です。

読後の第一印象は・・・設定はとてもオリジナリティが
あって面白いのですが、長期的なプロットの作成に失敗
しているのが残念ですね。

さて、この作品、基本的にはコメディなのですが、ある
意味とても切ない部分も含んでいます。

「百合」ものでは同性であるが故に、意中の人に、想い
を伝えられない切なさを扱った作品がありますが、この
作品はそれに加え、幽霊であるが故に想いを伝えられな
という二重の切なさがありますよね。

この点がとても面白いです。

最近は「百合」作品が多く発表されているので、同性で
あるが故の切なさだけでは、多くの作品とバッティング
してしまいますよね。そのテーマの傑作も数多く存在
しますし。

こういう風に新たな"切なさの開拓"は今後ますます必要
になってくると思います。

ただ、この作品の場合、大きなマイナス点があります。
幽霊との三角関係という設定は面白かったのですが、
中盤以降、お話が停滞していますよね。

この作品のあとがきで作者も書いていますが、元々読み
切りとして考えていたので、後の展開を考えていなかっ
たようなのですが・・・

個人的には、今後の展開も期待したいのですが、椿あす
氏の過去の作品を読む限り、ストーリーテラーという
タイプの作家ではないので、お話として盛り上がってい
くためには、作者のさらなる成長が必要不可欠になるで
しょうね・・・

でも、この作品の持つ何とも言えない切なさと、コメデ
ィ部分の対比は個人的にはとても好きだし、それを最後
まで描ききって欲しいですね。2巻も期待します。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。みつちゃんが切ないのよ~
時々、胸が締め付けられるような気分に
なるわ。そういう意味ではこの作品は紛れもなく名作だ
と思うのよ!

アレサ:私は2点。最初のプロットはどうあれ、プ
ロ作家ならちゃんとしたお話を描いて欲し
いよね。設定やキャラが良いだけに中盤の停滞はとても
残念。個人的には、休載してでも良いから残りのお話を
しっかり作り上げて欲しいなあ。

総評:●●●●●★★☆

椿あす氏の作品の感想はこちら。
「メイドをねらえ!~中林校長の野望~」1
「これが私の御主人様」5

« 「オトメキカングレーテル」1 | トップページ | 「カシオペア・ドルチェ」1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46852203

この記事へのトラックバック一覧です: 「HONEY CRUSH」1:

« 「オトメキカングレーテル」1 | トップページ | 「カシオペア・ドルチェ」1 »