2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 先週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「COMIC リリィ」Vol.1 »

2009.11.16

「ガール・ミーツ・ガール」

誉田哲也・著、光文社・刊

タイトル買いした本作です(汗)

お話は・・・主人公はメジャーデビューを控えた実力派
シンガー・柏木夏美。ある日、自分とは音楽性が違うと
思っていたTV出演しないシンガー、島崎ルイと組むこと
になります。果たして二人は上手くいくのか・・・
という内容です。(かなり端折っています)

読後の第一印象は・・・まだ歌謡界に夢が合った頃の
お話のような懐かしさがありますね。「百合」的にも
ガチではないですが、良い感じではあります。

芸能界小説ですが、どちらかというと中高生向けの小説
という感じもします。ラノベよりは取材をしている感じ
ではありますが、文芸作品よりは堅くない、というよう
なポジションです。

もともと携帯小説だったのかな?
そのせいかもしれませんが、プロットは甘めのような
気がします。最初に書いた感想では夏美とルイの仲が
主題のように思えるかもしれませんが、分量のウエイト
としては、どちらかとそれ言えば少なめで、あくまで
芸能界で頑張る夏美を、作者の思うまま描いた作品
ように感じました。

夏美は筋の通った元気娘であり、海千山千の芸能界で
やっていく強さに惹かれるところは多いので、主人公
としては魅力的だと思いました。

あと、こういう芸能界小説自体が80年代チックで、読ん
でいて妙な懐かしさを感じました・・・
(私が80年代で歌謡曲に興味を持てなくなったから、と
いうのも大きいかもしれませんが)

さて、「百合」的にはもちろん、夏美とルイの関係で
すね。さっきも書きましたが、この作品はあくまで夏美
が主人公なのでルイの心情などが深く描かれることは
ありませんが、音楽性の違う二人があるきっかけで投合
する、という流れはちょっとロマンチックな友情を感じ
ますし、「百合」的にも悪くないです。

後半、作者も「百合」を狙っている?と思うような所も
ありました。(あからさまではないですが)

そうそう、個人的には夏美の付き人(元追っかけ)の真穂
にも注目していたのですが・・・最初と最後だけなんて
・・・残念(汗)

実はこの作品は夏美のマネージャー・宮田(♂)の一人称
部分もあるのですが(40%くらい)、少なくともこの巻で
は、説明役に徹しているので、「百合」的には安心して
読むことができます(汗)

まあ、小説として傑作というのではありませんが、今時
珍しい芸能界小説ですし、肩肘張らずに読めるライト感
も良いと思います。妄想たくましければ「百合」的にも
楽しめると思います(汗)

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは3点。夏美ちゃんとルイちゃん
の友情って良いわね。でも、もう少し夏美
ちゃんから見たルイちゃんを描いて欲しかったわ。
あと、真穂ちゃんが活躍してくれるなら続編読みたいわ。

アレサ:私は2点。こういう熱い歌謡界ってまだ
日本にあるのかなあ。ある意味郷愁のよう
な懐かしさを感じる作品だよね。

総評:●●●○○★★☆

« 先週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「COMIC リリィ」Vol.1 »

コメント

誉田哲也さんは最近になって文体が軟化したような感じですね。
武士道シリーズもしかり。

前作の「疾風ガール」があるので百合的には厳しいかなと思ってましたが、やっぱりちょっと系統違いっぽいですね(苦笑
とりあえず購入はしてるんで、時間を見つけて読んでみようと思います

コメントありがとうございます。
★神爆龍王さま

もともとは堅い文体だったとは全く感じませんでした。
ケータイ向けに書かれたから(?)かもしれませんね。
「疾風ガール」は未読ですが「百合」的には引っかかり
ませんか・・・ううむ。
本作もガチ「百合」というわけではないですが、「百合」
っぽい部分はありましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46783045

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガール・ミーツ・ガール」:

« 先週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「COMIC リリィ」Vol.1 »