2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「けいおん!」4 | トップページ | 「百合少女」(前編) »

2009.12.09

「騎士は恋情の血を流す」

上遠野浩平・作、富士見書房・刊

「しずるさん」シリーズの久しぶりの新刊と聞いて即買
いした物件です。
「しずるさん」シリーズは基本的に、謎の施設で、謎の
治療を受けている"しずるさん"が、しずるさんの元に
通ってくる"よーちゃん"の情報から安楽椅子推理をする
というライトノベルシリーズでした。
「百合」的にはしずるさんとよーちゃんの関係が味わい
深く、良い感じだった印象があります。

今回の内容は・・・人を操ることができる能力者・葛城
貴士と、じゃんけんで負けたことがないということで人
気のタレント・七ノ輪ほのかの周りで発生する事件を
中心に描かれます。

読後の第一印象は・・・あれ?しずるさんとよーちゃん
の出番は?(汗)

「しずるさん」シリーズはライトノベルだったのですが、
安楽椅子推理もので、よくあるラノベとは一線を画して
いた印象だったのですが、この作品では、特殊な能力者
が登場し、組織的な対立を示唆するなど、ある意味、
普通のラノベに近くなった印象です。
(本のサイズは新刊サイズになりましたが)

まあ、それは賛否あるかもしれませんが、こだわりが無
いなら、それなりに楽しめる作品になっているのは間違
いないです。
葛城貴士と、謎の組織<オカリナ>の巳鑑巳花車との
読み合い対決はなかなか読ませますし。

・・・しかし、出てこないのです。しずるさんとよー
ちゃんが、最後近くになっても(汗)
そういう面では「百合」としてのコストパフォーマンス
は低い
と言わざるを得ませんね。

ネタバレすれば、二人は最後の章の中盤で登場します。

そして、二人の初めての出会いが語られ、しずるさんが
治療を受けている施設の謎も示唆されます。
「百合」的なポイントはよーちゃんがしずるさんの元に
通ってくる理由が分かる部分ですね。

まあ、オリジナルの「しずるさん」シリーズから「百
合」的に進んだ訳ではないですが、こういうエピソード
を今書いた、ということは今後も続行する可能性はある
ということで、期待はしたいですね。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは2点。「百合」要素が少ないの
よね・・・。しずるちゃんとよーちゃんの
ウエットな(ロマンチックな友人)関係が、ちゃんと存在
していることを確かめられただけで、良しとすべきかし
らね・・・。続編に期待だわ!

アレサ:私は2点。なかなか読ませたけど、オリジ
ナルの「しずるさん」シリーズでも感じた
強引さというか違和感のようなものをやっぱり感じたな
あ。あの違和感こそ、作者の描きたいモノかもしれない
けどね。

総評:●●○○○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「しずるさんと偏屈な死者たち」
「しずるさんと底無し密室たち」
「しずるさんと無言の姫君たち」

« 「けいおん!」4 | トップページ | 「百合少女」(前編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46981212

この記事へのトラックバック一覧です: 「騎士は恋情の血を流す」:

« 「けいおん!」4 | トップページ | 「百合少女」(前編) »