2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 先週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「純水アドレッセンス」 »

2009.12.06

「君が僕を どうして空は青いの?」

中里十・著、小学館ガガガ文庫・刊

「百合」界を震撼させた(?)あの「どろぼうの名人」
中里氏の新作です!もう2巻が出ていますが、今回は1巻
の感想です。

お話は・・・主人公・順子の学校に二人の転校生(真名
と縁)がやってくる。真名は"恵まれさん"という不思議
な仕事を持っており、縁は真名の執事だという。
この二人の関係とは?そして順子は真名に惹かれていく。
・・・という内容。

読後の第一印象は・・・なるほど。今回はこう来ました
か。ストーリー性は希薄ですが、真名の神秘性(?)と
主人公の心の動きが興味深いですね。

中里十氏の作品はいわゆる普通のラノベっぽっくなく、
ストーリー性は希薄です。主人公たちに目的のような
ものは特にありません。

キャラクターの人となりの魅力や、味わい深い会話を
楽しむというタイプの作品だと思います。
してみると、昔の少女小説ってこういう作品が多かった
ような気がします。

中里氏の主催するKaoristicsの影響で「丘の上のミッ
キー」
を初めて読んだときの感覚に似ているかもしれま
せん。(お話は全く違いますが)
余談ですが、この作品を読んで、久しぶりに「丘の上の
~」を読みたいような衝動に駆られました(汗)

さて、この作品のラノベとしてのポイントはなんと言っ
ても"恵まれさん"でしょうね。押井守の"立喰師"のよう
な神秘性と哀愁が同居する印象を与えてくれます。
この設定で読者は引かれると思います。そして真名と縁
不思議な関係と"どうして空は青いの?"というナゾ
のキーワードでグイグイ引かれます。
全くサスペンス的な内容はないですが、そういう風に
思えてしまうような巧さもあります。

ただ、文章はかなりクセありなので、こういう文体だけ
で敬遠してしまう人もいるかもしれません(汗)

「百合」的にはもちろん主人公・順子が真名をどう思っ
ているか
です。順子の独特な思考と気持ちが真名へ動く
瞬間
の心理描写が良いですね。このあたり、さすがに
「百合」を知り尽くしている中里氏という感じです。

表面的には「百合」として濃い作品ではないように思え
る所もありますが、間違いなく「百合」指向に貫かれた
作品
だと思いました。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。ドキドキさせるわね~!
わたくしは順子ちゃんに感情移入できたけ
れど、できなかったらこの作品の魅力の半分もわからな
いと思うわ。ある意味、人を選ぶ作品よね。

アレサ:私は3点。独特だよね、中里氏の作品って。
言葉遊びや引用などの文学的(?)な部分は、
やっぱり人を選ぶよね。アラもあるけど、既存のラノベ
っぽくないところがオリジナリティがあってとても良い
と思うな。私は。

総評:●●●●●★★★

中里十氏の多作品の感想はこちら。
「どろぼうの名人」
「いたいけな主人 どろぼうの名人サイドストーリー」

« 先週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「純水アドレッセンス」 »

コメント

虚人ねこ様

レビュー、ありがとうございました。

“人を選ぶ、クセのある文章”との事、実に興味深いです。私のフィーリングに、ピッタリ合えば良いのですが…。はたして?

話変わりまして…。百合姫コミックス・『空色ガールフレンド』は、お読みになりましたか? 先月発売の同期5冊の中で、私の“イチオシ”です。

コメントありがとうございます。
★真誠美優さま

>はたして?

当たり前かもしれませんが、中里一氏の既刊「どろぼう
の名人」を読んで、合ったなら大丈夫ですよ。
中里一氏はネット上の「百合」の大御所でもあるので、
そういう方の考えを知る、という点でも興味深いと思い
ます。
(ただ、そういう方が必ずしも正しいとは限らない・・・
という意識の方が良いかも)

>『空色ガールフレンド』

実はまだ未読です(汗)
表紙から言っても、「とても良いオーラ」が出ているの
は分かるのですが・・・(汗)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/46955011

この記事へのトラックバック一覧です: 「君が僕を どうして空は青いの?」:

« 先週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 「純水アドレッセンス」 »