2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「とある科学の超電磁砲」1 | トップページ | 「はやて×ブレード」11 »

2010.02.17

「かなめも」よん

石見翔子原作の萌え4コマ漫画のアニメ版。
第4巻(10~11話)の感想です。

祖母が亡くなり天涯孤独になってしまった少女・中町か
な。雇ってもらおうと新聞専売所にやってくるが、そこ
にはとても変な人達が住んでいた!かなとかなの新しい
家族との楽しい生活を描いたコメディです。

読後の第一印象は・・・3巻に引き続いてシリアス路線
が目立ちますね。ズルイなと思いつつホロッとさせられ
ます。

3巻もシリアス路線ですが、4巻もシリアス路線です。
本当に序盤のあのドタバタな展開はどこに行ってしまっ
たのでしょう??
今となっては序盤のドタバタが恋しいような気もします。

こういうシリアス路線って狙ってるなあとか、ズルイな
あとか思う、斜に構えた私ですがさすがに4巻はちょっ
とホロッとしてしまいました・・・。

ううむ。見事にアニメスタッフの術中にはまりつつある
なあ(汗)

さて、「百合」的には・・・
10話はゆめが実家に帰り、ゆうきが落ち込んでいると
かなが誤解してしまうお話。
まあ、オチはよめていましたが、かなの妄想が楽しかっ
たですね。

11話は新聞専売所の仲間が風邪を引いてしまうお話。
ゆめとゆうきは相変わらずのラブラブッぷりです(汗)
それにしても、どうしてこの作品の「百合」ラブシーン
観ていて恥ずかしいのだろう・・・(汗)

4巻はブックレットもゆめとゆうきをフィーチャーして
います。この二人のファンなら是非DVDを買って欲しい
ですね。

それにしても次で最後か・・・序盤はアレでしたが、
終わるとなると寂しいですね。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。本当にあの二人は良い
わ~。羨望だわ。でも、観ていて恥ずか
しくなるような気持ちにもさせられるし、不思議な気分
ね。

アレサ:私は2点。原作のような自然なシリアスが
好きだったけど、ここまでやられたら
ちょっと来るよね。かなが良いんだよね。折れそうな
けなげさ
が・・・

総評:●●●●○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「かなめも」いち
「かなめも」に
「かなめも」さん
原作の感想はこちら。
「かなめも」1
「かなめも」2
この石見翔子氏の作品の感想はこちら。
「Flower*Flower」1
「スズナリ!」1
「スズナリ!」2

« 「とある科学の超電磁砲」1 | トップページ | 「はやて×ブレード」11 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/47596701

この記事へのトラックバック一覧です: 「かなめも」よん:

« 「とある科学の超電磁砲」1 | トップページ | 「はやて×ブレード」11 »