2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「GL~小悪魔たちの誘惑~」 | トップページ | CDドラマ「咲-Saki-オリジナルドラマ第3局」 »

2010.03.15

「カルボナードクラウン」1

東雲水生・作、双葉社・刊

あの「恋姉妹」を手がけた東雲水生氏の新作です。
本に付いているオビの内容からも期待できそうな作品
です。

お話は・・・ちょっと内気な少女・藍子はある出来事
をきっかけにして、さる小国のロイヤルファミリー(カ
ルボナード家)に属する7人の兄弟と知り合います。
特に、同い年の少女・ルビィは気になる存在で・・・
というおとぎ話風味の学園漫画です。

読後の第一印象は・・・おお!この作品、傑作の予感
がします。「百合」的にも大化けしそう!

東雲水生氏と言えば、「恋姉妹」もそうですが、柔らか
いタッチの背景描写がとても味わい深いですよね。
その独特の作画の効果か、現代劇なのにおとぎ話のよう
な世界観に見えるのがユニークです。

しかし、一見おとぎ話風なところもありますが、その実
キャラクターの内面を切れ味鋭く描写していたりするの
で、なかなか侮れません。

本作を読んで、漫画としては正直「恋姉妹」を越えた
感じました。

ロリ可愛い少女からちょっとシビアな美青年まで、キャ
ラクターの描写の幅広さや、激動を予感させる演出が、
作者のポテンシャルの高さを感じさせます。

「百合」的には・・・やはり藍子とルビィの関係です。
序盤から藍子とカルボナード兄妹の交流という感じで描
かれますが、常にルビィに焦点が当たっていると言って
も過言ではないでしょう。

ツンツンなルビィに何故か惹かれていく藍子。
・・・そして、第6話「やさしい秘密」では!!
刮目してみよ!(汗)

第6話は本当に見事な演出でした。往年の傑作少女漫画
のような大きな動きうねりを感じさせる演出ですよね。
こりゃ2巻も楽しみです!

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。実は友情レベルで終わる
と思っていたのよ。でも、第6話では明ら
かに一歩踏み出したわね!
さすがは「恋姉妹」の東雲水生先生!すばらしいわ!

アレサ:私は3点。キャラの描写、設定、演出どれ
をとっても一級品だと思う。私も「恋姉妹」
は好きな作品だけど、さらに一皮剥けたと思った。
本当の意味で2巻が楽しみな作品は久しぶりかも。

総評:●●●●○★★★

東雲水生氏の作品の感想はこちら。
「初恋姉妹」1
「初恋姉妹」2
「初恋姉妹」3

« 「GL~小悪魔たちの誘惑~」 | トップページ | CDドラマ「咲-Saki-オリジナルドラマ第3局」 »

コメント

レビュー、拝読いたしました。

私も、東雲水生さんの作品は、『初恋姉妹』を筆頭に、大好きです。

それにしましても、“『初恋〜』を越える傑作!!”ですか…。これは、絶対に見逃す訳にはまいりません。ぜひぜひ、入手・拝読してみたいです。

追伸
アマゾン屋さんで、『百合アンソロジー ひらり』の表紙が見られるようになっていました。

何と申しましょうか、“可愛いっ!!”というよりも、“綺麗…”といった趣で、弥が上にも期待感が高まります。

こんにちは
いつも更新を楽しみにしています。

「カルボナードクラウン」何ですが打ち切りらしく2巻がでるかどうかわからないそうです(汗

自分でちゃんと確認した訳ではないので100%とは言い切れませんが・・。

コメントありがとうございます。
★真誠美優さま

>それにしましても、“『初恋〜』を越える傑作!!”ですか…。

1巻では「百合」度はまだまだ、という感じなのですが
漫画としては完全に越えた!と思いました。
・・・でも、打ち切りとか・・・あああ(泣)

>アマゾン屋さんで、『百合アンソロジー ひらり』の表紙が見られるようになっていました。

見ましたよ。期待できそうですね。
「百合」ノベルも実現して欲しい!

★ちょこばーさま

な、なんと!が~ん!
この作品、かなりお気に入りだったので、打ち切りは
本当に残念至極です・・・

「百合姫」誌で再開してくれないかなあ・・・

教えていただいて感謝です。

虚人ねこ様

う〜ん、“打ち切り”とは…。何とも、残念ですね。私も、『百合姫ブランド』での再開を希望いたします。

さて、発売が非常に楽しみな『〜ひらり』ですが、10数作の「コミック」に加えて、「小説」も1作掲載されるようなので、相当なボリュームになりそうです。…う〜む、これは創刊早々、『百合姫〜』との“トップ争い”が勃発するかも?

コメントありがとうございます。
★真誠美優さま

>何とも、残念ですね。

ですね・・・。久しぶりに惚れ込んだ作品だったので
なおさら残念です。

>「小説」も1作掲載されるようなので、

な、な、なんと!
私としたことが大事なことをチェックしなかったとは!
これは本当に楽しみですね。

>『百合姫〜』との“トップ争い”が勃発するかも?

本当に実現するかもしれませんよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/47822363

この記事へのトラックバック一覧です: 「カルボナードクラウン」1:

« 「GL~小悪魔たちの誘惑~」 | トップページ | CDドラマ「咲-Saki-オリジナルドラマ第3局」 »