2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ささめきこと」5 | トップページ | 映画版「マリア様がみてる」続報! »

2010.03.31

「君が僕を2 私のどこが好き?」

中里十・著、小学館ガガガ文庫・刊

既に3巻が発売されていますが、2巻の感想です。
最近ラノベで「百合」ものが少ない印象なのですが、
中里十氏は健在です!

お話は・・・前巻で主人公・順子と"恵まれ者"を職業
としている真名の心が通い合った?と思われたが・・・
今回は順子の父が再婚して、継母・れのあが登場。
同じ頃、真名の執事(マネージャーのようなもの)を勤め
ていた緑が辞めることに。順子は執事になりたかったが、
れのあの存在が障害になる・・・という内容。

読後の第一印象は・・・相変わらず取っつきにくい作品
ですが、ビターテイストの味わい深い「百合」です。
「百合」好きには是非読んで欲しい作品です。

相変わらず取っつきにくい作品です。

ラノベらしい短い会話で展開するような内容ではないし
言葉遣いも独特だし、時系列さえ説明なしにいったり
来たりするし、どこが(物語内)現実でどこが登場人物の
記憶や思索なのかわかりにくいし、取っつきにくい所を
書き出したら、キリがないです。

しかし、それが良いのです。
実に味わい深いのです。

そして、もちろん「百合」的にもグッド。

よくあるガチ「百合」作品は恋愛恋愛(悪い言い方を
すればガツガツ)しているのですがこの作品は「百合」
の核心部分をオブラートに包んで表現しているような、
しっかり読まないと最悪どこが「百合」?と思えるよ
うな、ある意味、奥ゆかしさが良いですよね。
(かといって、タダの清純路線ではない)

最後まで読むと、内面まで充実した「百合」作品なの
です。中里十氏はスゴイです。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。順子ちゃんの心の揺れ動
きが良いのよ!障害は多いけれど真名ちゃ
んに惹かれていかざるを得ない、と思えるわよね。
真名ちゃんの内面はあまり表現されないのも味がある
わね。この作品が3巻も続いていることが嬉しいわ。

アレサ:私は3点。この作品って、電撃文庫からは
天と地がひっくり返っても出てこないと
断言できるよ。作者がこういうのをやりたいと言っても
担当編集者は全力でやめさせるだろうね。
それにしても、中里十氏は孤高の「百合」小説作家
いう印象がしてきたような気がする。こういう作品を
3巻も出してくれている小学館ガガガ文庫は偉い。

総評:●●●●●★★★

このシリーズの感想はこちら。
「君が僕を どうして空は青いの?」
中里十氏の多作品の感想はこちら。
「どろぼうの名人」
「いたいけな主人 どろぼうの名人サイドストーリー」

« 「ささめきこと」5 | トップページ | 映画版「マリア様がみてる」続報! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/47962326

この記事へのトラックバック一覧です: 「君が僕を2 私のどこが好き?」:

« 「ささめきこと」5 | トップページ | 映画版「マリア様がみてる」続報! »