2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「蒼穹のカルマ」3 | トップページ | 「ヒャッコ」5 »

2010.03.18

「マイナスりてらしー」

宮下未紀・作、一迅社百合姫コミックス・刊

何故か小さい版の一迅社百合姫コミックスです。

お話は・・・没落した大金持ちのお嬢さまと、付き従う
メイドさんのお話。愛はお金を超えられるか!?という
コメディ漫画です。

読後の第一印象は・・・個人的にはこの作品大好きです。
二人の間にハードルがある、という点で「百合」的にも
良いですが、物語としてちゃんと完結しているのもグッ
ドです!

まず、設定が面白いですよね。

没落した大金持ちのお嬢さまと、マイナス金運のメイド
さん。別れてしまえば万事解決ということが判っていな
がら別れられない絆がある、というのがとても新鮮です。

「百合」にはいろいろなハードルがあり、それが切なさ
を高める効果があるのですが、そのハードルが金運、と
いうのがとてもユニークなのです。

またお金が絡むとお話が黒くなりがちですが、この作品
の場合はギリギリコメディ範囲内というさじ加減も巧い
と思います。

あと、この作者のキャラって目力がないタイプなのだけ
ど、ここぞと言うときはしっかり感情を出せているのも
グッドですね。

土下座とか、ラストシーンとがなかなかグッとさせます
よね!

なかなか面白い作品だったと思います。「百合」作品は
こういうものできる!という可能性をちゃんと示せて
いると思います。
個人的には甘~いだけの「百合」も良いですが、この作
品のように物語として完結している作品も読みたいもの
です。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは5点。二人が幸せになれて良か
ったわ~。一見感情が入っていなさそうな
キャラクターだけれど、しっかり内面を描けているのが
とても良いわね。宮下未紀先生の次回作に期待だわ!

アレサ:私は3点。「百合姫」系では異彩を放って
いる作品だったよね。でも、個人的には
こういうのアリだと思うよ。学園モノも良いけど、もっ
と世界を広げて欲しいよね「百合」作品は。

総評:●●●●●★★★

宮下未紀作品の感想はこちら。
「ピクシーゲイル」1
「ピクシーゲイル」2

« 「蒼穹のカルマ」3 | トップページ | 「ヒャッコ」5 »

コメント

虚人ねこ様

レビュー、拝読いたしました。

確かに今作品、『百合姫ブランド』の中では、異色ですね。とは申しましても、キャラクターは良いし、絵柄も可愛らしいく、お話の展開が上手いので、非常に楽しめました。

特に、ラスト見開き、康光と美晴の、“と〜っても嬉しい!!”な思い溢れるハッピーエンドは、こちらまで本当に、幸せな心持ちになりました。

…それにしましても一体、何故に今作品、“コミックスサイズ”なんでしょ?

コメントありがとうございます。
★真誠美優さま

>幸せな心持ちになりました。

ですね。私もラストはホッとしました。
(ハッピーエンドになるだろうとは思っていましたが)

>…それにしましても一体、何故に今作品、“コミックスサイズ”なんでしょ?

それが最大の謎です。
作者のこだわり?編集サイドの実験?
ううむ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/47846825

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイナスりてらしー」:

« 「蒼穹のカルマ」3 | トップページ | 「ヒャッコ」5 »