2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 「ミカるんX」4 | トップページ | 「とある科学の超電磁砲」3 »

2010.05.17

「える・えるシスター」Vol.3

邪武丸・作、一迅社REX COMICS・刊

小中居ふたば・一葉のラブラブ姉妹を中心にした、女子
高ほんわかコメディ漫画。第三巻

読後の第一印象は・・・序盤は今回、薄口かな?と思っ
たのですが、後半は「百合」的に良い展開になります。

今回も基本的にユルめのコメディで展開されます。
なんともホンワカな感じですが、ちょっとゆる過ぎて
読んでいてワケが判らなくなることもありました(汗)

個人的にはもう少しアクセントとなるようなネタが欲し
い感じです。

そういうわけで、序盤は小中居のラブラブなスキンシッ
プはあるのですが、なんだか記憶に残らないようなエピ
ソードが多いような印象でした。

強いて挙げれば第19話「はなあね2」。ふたばが風邪を
ひいてしまうお話なのですが、一葉の壊れッぷりがなか
なか可笑しかったです(汗)

後半。「百合」的にもっと良い展開になります。

ふたばに猛烈に対抗心を燃やす、姫宮宇佐美が登場!

宇佐美は部活の先輩がふたばを褒めたために、嫉妬心
燃えているのです。

この作品は、なぜか姉妹などの近しい関係のラブラブ
が多いので、宇佐美と先輩・和戸のような、「百合」
的に普通のカップリングは嬉しいですね。
(完全に相思相愛でもないですが)

さらに、宇佐美と一葉が代理対決?!になります。これは
なかなかの見所だっと思います。

まあ、ユルめなりに、良い展開になってきた印象です。
宇佐美や和戸の扱い方によっては「百合」的に化けるか
もしれません。期待しましょう。

では、あの二人のコメントです。

フューシア:わたくしは4点。ユルめなラブラブも良い
けれど宇佐美ちゃんのように激しいキャラ
も良いと思うわ。ちょっと停滞気味?な展開だったので
良い風を送り込んでくれそうなキャラクターね。

アレサ:私は2点。宇佐美はこの作品にはいなかっ
たタイプのキャラなので、今後の化学反応
に期待したいな。

総評:●●●●○★★☆

このシリーズの感想はこちら。
「える・えるシスター」Vol.1
「える・えるシスター」Vol.2

« 「ミカるんX」4 | トップページ | 「とある科学の超電磁砲」3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/48387589

この記事へのトラックバック一覧です: 「える・えるシスター」Vol.3:

« 「ミカるんX」4 | トップページ | 「とある科学の超電磁砲」3 »