2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

2010.06.20

「天空のリリー」

千田誠行・著、一迅社文庫・刊

第二次世界大戦頃にロシアに実在した、女性のみの航空
部隊をテーマにしたラノベです。
最近「百合」要素があるラノベが少なくなっているので
一発逆転を・・・と思ったのですが・・・

読後の第一印象は・・・ラノベで「百合」が死に体であ
るという事実をますます受け止めざるを得ない内容でし
た。。。

なんだか昔からある女性キャラ多数のシミュレーション
ゲームを思い出してしまいました。
そういうゲームって、大抵"教官"が男なんですよね(汗)

この作品も最初から"教官(♂)"が出てきます。
しかも、主人公のリリィとは最初から気が合いません。

・・・これだけで「百合」的なミャクはほぼありません
よね・・・(汗)

まあ、結果的にも予想通りなのですが、全くハズレか
といえばそうでもありません。
女性のみの部隊なので、仲の良いキャラや対立などが
描かれます。

特に、リリィの僚機に乗ることになる、カティアや
エレーナとの関係はなかなかにリリカルだし、悪くは
ないのです・・・

文章の中身も教官の描写より仲間との描写が多いのに、
最後は良い所を教官がかっ攫っていく、というのは納得
できないものがありますよね・・・

なんだかラノベはPSゲームが全盛期の手前の頃(15年前)
に戻ったような空気になってきたような印象です。

では、二人のコメントです。

フューシア:わたくしは1点。あ゛あ゛あ゛~納得いか
ないわ~。カティアちゃんやエレーナちゃ
んは「百合」っぽい雰囲気を持っていたのに、ガリア
ちゃんとオルガちゃんチームも良い感じなのに・・・
なぜ教官なのよ!納得いかないわ~!

アレサ:私は2点。お話としては悪くはないけど、
この教官の存在と扱いは古くさいよね。
本当に、ラノベはどうしてしまったのだろうね。
こういう保守化出版不況だから?

総評:●○○○○★★☆

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »

コメント

買ったのは随分前なのにまだ未読でしたが、レビューを拝読すると、やっぱりラノベでしかも史実がベースとなると、百合の芽は出ないものなのでしょうか。
(誰かさんは無理矢理ねじ曲げましたが(^_^;))
今の商業百合作品はコミックが突出しすぎて、他のジャンルが元気ないだけに、アイリスあたりが百合小説を安定して出すだけでも、ラノベ界には随分刺激になると思うのですが。

ついでにこの手の空戦モノラノベは、やたらレシプロ機の比率が高い‥‥個人的には現代空戦モノも読んでみたいのですが、今の戦闘機の空中戦をリアルに描写したら、淡泊極まりないからなぁ。

コメントありがとうございます。
★通天 閣男さま

>(誰かさんは無理矢理ねじ曲げましたが(^_^;))

ラノベなのだからそれくらいが良いのに・・・ですよね。

>アイリスあたりが百合小説を安定して出すだけでも、

ですよね。どうしてやらないのでしょう。アイリス・・・
まさか「百合」ノベルを阻む組織でも活躍している??
(最近の動向を見ているとそうとしか思えません)

>今の戦闘機の空中戦をリアルに描写したら、淡泊極まりないからなぁ。

確かにそうかも。
今の戦闘機に感情移入できる作家も少ないのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/705/48681492

この記事へのトラックバック一覧です: 「天空のリリー」:

« 今週、入手した物件+検索順位 | トップページ | 今週、入手した物件+検索順位 »